20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた

本条想子さんの作品一覧

以下の12件が登録されています。
作品番号:13115 互酬
作者 本条想子 (ID:13099)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2021/08/23(Mon) 12:40 更新日時 2021/08/23(Mon) 13:05 
あらすじ 4人の男が、旧石器時代にタイムスリップして来た。この中に、人類学者の吉田陽斗がいた。陽斗は、狩猟採集民の『互酬』という考えが、世界平和を築ける最大の方法だと日ごろから考えていた。
男たちは、心細いので仲間を増やす事を考え、近くの種族から仲良くなろうとした。一番やさしそうな渥美伊織が、アミという一人の娘に近づき贈り物攻撃をした。その効果があり、アミの種族を仲間に誘う事が出来た。

 伊織の頭脳は、高度な技術を創り出してきた。大都市も建造した。しかし、まだ巨大動物がいる時代だった。そこへ、新人のタイムトラベラーが4人やってきた。新人は前の次元で、勝ち組だった。陽斗は、心配した。『互酬』という考えを受け入れられなければ、不満が募り他の種族を支配しようとするのではないかと考えた。
 その心配が、現実に起こった。経営者の安川徹が、他の3人をそそのかし、別の国を創ろうとした。しかし、あえなく失敗した。

 伊織の高度な技術は、世界統一へ飛び立つ確かな礎を築いた。日本国民は、まだ『互酬』の考えが残る狩猟採集民時代に、戦争のない世界を創造することを夢みて、5大陸を目指す『互酬』船団を見送った。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13111 落花生家族
作者 本条想子 (ID:13099)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2021/07/19(Mon) 09:57 更新日時 2021/07/19(Mon) 10:18 
あらすじ  家庭を持つ裕子や信枝は、独身で経営者の奈美の結婚観が気にかかった。奈美は、独身貴族を謳歌している男性との付き合いがある。しかし、奈美は結婚に対して夢を見ていた。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13108 地球が壊れていく
作者 本条想子 (ID:13099)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2021/05/31(Mon) 08:44 更新日時 2021/05/31(Mon) 08:58 
あらすじ  香山義雄と吉川美幸の結婚には高いハードルがあるようだ。世間は普通に営まれているが、将来に不安がある。格差問題や年金問題、世界的異常気象がある。

 ノルウェー・アイスランド・デンマーク・スウェーデンやフィンランドなどの北欧型福祉国家と言われるところは、日本と違い人口が約1,000万人以下と少ない。少子化などというが、年金のため子供を増やしたっていずれは年金受給者になる。こんな、ねずみ講方式を使おうなんてナンセンス。

 世界人口は2000年前、約3億人だった。それが、18世紀の産業革命以降、世界人口は増加の一途だ。1900年には約16億人、1950年には約25億人、1998年には約60億人、そして2020年には約76億人だ。また、2050年には100億人と簡単に弾き出す。

 約260万年前に第四紀氷河時代が始まった。この中では、歴史に消えた古代文明がある。
 現代が間氷期の氷河時代ということが信じられなくなる。こんな地球規模の異常気象に、人間はいつまで耐えなければならないのだろうか。金星のようになるのか、雪球地球なるのかどちらにしても、人間は生きられない。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13102 未来は過去を変えられる
作者 本条想子 (ID:13099)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2021/04/26(Mon) 08:03 更新日時 2021/04/26(Mon) 08:23 
あらすじ  失恋した木田政幸は、酒を浴びるように飲んだ。そのため、何処かに頭をぶつけて記憶喪失になり、性格も変わった。

 以前のような純真な政幸なら、愛のない社長令嬢との結婚などはしていない。しかし、結婚の末、不倫の憂き目にあい、子供も取られた。

 その後、記憶が戻り、性格も戻った政幸は、見知らぬ男が言った「未来は過去を変えられる」というフレーズを思い出していた。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13094 ゴリラは笑った
作者 本条想子 (ID:13099)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2021/04/01(Thu) 07:36 更新日時 2021/04/01(Thu) 09:19 
あらすじ  円盤は惑星に近づき、大気圏内へ突入前に知的生命体の人工衛星を確認した。この星は銀河系内にあり、みなみじゅうじ座のα星から約500光年離れた恒星の惑星だった。

 その星に知的生命体が存在して、文明を築いたら、その惑星の歴史や地質の分かるデータをハッキングし、それが終われば、すぐに母船に引き返すようにと言われていたが、アニーとヘレナは気を許し、地球観光を楽しんだ。

 しかし、空軍のスクランブル攻撃で円盤は故障し、引き返す折に凍結受精卵を置き忘れてきた。

 高度な科学技術を持った宇宙人の文明が自滅しないで生き残ったのは、良心的知恵を持ち得たからであった。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13090 眠る星
作者 本条想子 (ID:13099)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2021/02/16(Tue) 07:54 更新日時 2021/02/16(Tue) 08:17 
あらすじ  巨大彗星が発見された。そのニュースは瞬く間に世界中を駆け巡り、沸き立っていた。そして、新しく発見された彗星の分析が始まる。
 直径数十キロメートルの巨大彗星は、青球と軌道が交差する50年後に最接近すると予測された。
 接近の限界を突破することで彗星の核が破壊されと多量の揮発性ガスが放出され、青球に多大な災害がもたらされるかもしれない。あるいは、他天体との重力相互作用によって軌道が変化して青球に衝突すること事も考えられる。
 巨大彗星との衝突が回避できなければ、青球は気象変動により氷河期が訪れる事は間違いない。そして軌道修正ができなければ大国による核兵器使用が待っている。また、現存する核兵器と原子力発電所の爆発で、地上には住めなくなるのか。人間は、たった70年でこんな世界にしてしまったのだった。
 ビッグバンが起こった46億年前から、300万年前の人類の祖先が出現した遠い過去の歴史と同じぐらいかけて、眠る青球から何十万年いや何百万年かけて地上へ戻ってこられるのか。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13084 遺伝子の記憶
作者 本条想子 (ID:13099)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2021/01/27(Wed) 08:50 更新日時 2021/01/27(Wed) 09:23 
あらすじ  高校を卒業すると突然、何処からともなく吹いてくる宗教の嵐にさらされる。
 香苗も友から入信を打ちあけられ、悩んでいる。
 聖子も友の信恵がクリスチャンになり、会社を辞めたことを告げられた。
 私の母は、兄が交通事故にあったのは、その日拝礼を怠ったからだという。
 父は幽霊を見たが、錯覚だと自分に言い聞かせる。

 友達四人が、詩織のアパートで飲み会を開いた。私は、連日哲学書を読み耽り、疲れていたのか、睡魔に襲われて眠ってしまった。
 その寝言を美沙が尋ねた。私は、眠りの中の“遺伝子の記憶”の話をする。

作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13077 偶然が世界を支配している
作者 本条想子 (ID:13099)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2021/01/18(Mon) 07:22 更新日時 2021/01/18(Mon) 07:51 
あらすじ  ビッグバンで創世された宇宙は、重力と斥力との止めども
ない戦いが続いている。
 高度な科学技術を持った星河憧夢博士が、時田夢都にコンタクトして来た。
 地球は侵略されるのか。
 人生は生まれながらにして、運命で決められているのか。
それとも、違う何かがあるのか。

1 ビッグバン
2 日常
3 宇宙人
4 偶然
5 未来
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13070 人生もフラクタル
作者 本条想子 (ID:13099)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2021/01/01(Fri) 10:56 更新日時 2021/01/01(Fri) 11:55 
あらすじ 広司は仕事で悩み、生き方を模索する中、
麻美から離れ、故郷でフリーターを続ける。

自動車販売会社でアルバイトをしている時、
車の急発進に遭遇し、自殺志願へ傾く。
それを踏み止まらせたのは、『人生もフラクタル』
という老婆の言葉だった。

その後、広司の不注意からバス事故で入院する。
友の水原に「フラクタル」の本を頼み、
読み耽り、生きる存在理由を見出して行く。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13064 宿主
作者 本条想子 (ID:13099)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2020/12/14(Mon) 07:37 更新日時 2020/12/14(Mon) 08:40 
あらすじ  出来上がった社会に生まれ出た私たちは

何を信じ、何を疑い、生きる道を探すのでしょうか。

 三つ子の魂百までとは言われますが

人間は、環境や待遇などによっていとも簡単に考えが変わるのです。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

次の10件

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ