20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた

本条想子さんの作品一覧

以下の12件が登録されています。
作品番号:13056 太陽の叫び
作者 本条想子 (ID:13099)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2020/11/16(Mon) 12:13 更新日時 2020/11/16(Mon) 12:38 
あらすじ 石油争奪戦に触発されて、1991年6月に執筆しました。

  昔はエネルギーを大切に使っていました。
  小学校では、日直が石炭当番。
  家庭では、子供たちが大鋸屑当番。
  輝子の祖父は、燃料確保を日課としていました。
  幼い輝子は、ソ連の史上初の有人宇宙船「ボストーク一号」に 夢を膨らませました。
  輝子を大学進学へ駆り立てたのは、アメリカの「アポロ11  号」の月面着陸でした。
  そして、輝子は筑波研究学園都市に住み、大学で太陽光エネル ギーの研究をしています。
  そんな研究の傍ら、『太陽の叫び』を聞いていました。

  あれから30年、『太陽の叫び』は届かなかった。戦争でもな く、テロでもなく、原子力発電所がもろくも、破壊されてしまい ました。
  2011年3月11日午後2時46分ごろ宮城県牡鹿半島の東 南東約130キロ、深さ約24キロ、地震の規模はマグニチュー ド9.0の東北地方太平洋沖地震が発生し、東日本に未曾有の大 災害がもたらされたのでした。

作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13043 ゲシュタルト崩壊
作者 本条想子 (ID:13099)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 1
連載開始日時 2020/09/28(Mon) 21:55 更新日時 2020/09/28(Mon) 22:27 
あらすじ  世界は、グローバルサプライチェーンを明るい未来と捉えていた。しかし、中国の一人勝ちで、国連やWHO、世界の観光事業が支配されている。世界は新型コロナウイルス禍で右往左往し、分断と独裁そして民主主義への戦いに突入している。

 新型コロナウイルスを前に、世界は変われるのか。元通りの世界に戻していいのか。経済至上主義を受け入れて来た人間社会が、「ウイズコロナ」の世界をどのように創造できるのか。

 世界人口が爆発的に増えている中の新型コロナウイルスの蔓延は、何を意味しているのか。早期のワクチン開発は、人間社会の明るい未来なのか。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

前の10件

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ