20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた

此道一歩さんの作品一覧

以下の4件が登録されています。
作品番号:13116 泥にまみれて
作者 此道一歩 (ID:13102)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 6
連載開始日時 2021/08/25(Wed) 03:30 更新日時 2021/09/06(Mon) 07:19 
あらすじ バスケットボールに夢を追い続けた少年が、差別を受け、正当な評価を受けることができず、それでもアメリカの大学に留学し、懸命に頑張るが最後の差別で心が折れてしまう。
しかし、帰国した彼は、見守り続けてくれた相良高校理事長のもとで……
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13095 水面(みなも)に落ちた小石
作者 此道一歩 (ID:13102)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 28
連載開始日時 2021/04/01(Thu) 11:32 更新日時 2021/05/04(Tue) 05:11 
あらすじ  父親との意見の食い違いから家を出た斎藤グループの御曹司、和也は、小さなお好み焼屋に身を置き、静かな生活にあこがれる。
 彼を慕う店の経営者、理穂は、美しい女性の出現に心を乱されるが、その真実は彼を心配する美しい義母と妹であった。理穂は過去を語らない彼に不安を持ちながらも、やがて結ばれ、女の子を授かり幸せな日々を送る。
 しかし、斎藤グループでは、和也が家を出て以来、気力を失った父親のもとで、その秘書が立場を利用して、理不尽な行いを始める。
彼は、揺れ動く思いの中で、理穂に自分の立場を話し、実家へと戻り、社長となる。
 彼は、もっとも信頼する総務課長の栗山奈美を社長秘書に抜擢し、ここまで理不尽な力を誇示してきた会長秘書や人事課長に報いを受けさせ、会社の軌道を修正していく。
 そうした中で、斎藤一家を昔から知る保育園長から、斎藤家の歴史を聞いた理穂は、理不尽な者達の最後を見ながら、今後の人生を考えていく。
作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13074 愛していたのかどうかわからない
作者 此道一歩 (ID:13102)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 8
連載開始日時 2021/01/14(Thu) 03:40 更新日時 2021/01/19(Tue) 04:17 
あらすじ シングルマザーとして市役所で働き、息子と二人、懸命に生きようとする女性……
 しかし、彼女は市議会議員に言い寄られ……
 一方、父親を知らない息子は交際相手の父親から理不尽な言葉を浴びせられ……
 高校三年の息子、その受験に付き添って上京した彼女は、受験を終えた日、息子の父親の実家に足を向ける……

作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

作品番号:13053 ただ話したいだけなのに
作者 此道一歩 (ID:13102)
カテゴリー 純文学 状況 完結 連載回数 8
連載開始日時 2020/11/03(Tue) 04:17 更新日時 2020/12/20(Sun) 17:19 
あらすじ ふとしたことから学生時代のマドンナ、下山奈津子と再会した真木(まき)一樹(かずき)は幸福な時間を過ごすが、突然去っていった彼女にもう一度会いたくて、同窓会に出かけて行く。
 しかし、そこで彼女が2年前に亡くなっていたことを知って彼は愕然とする。
 それは誰かのいたずらか…… それとも霊だったのか……

 彼はこれを機に、妻と再出発し子供を授かったが、彼女はどこへ消えたのか、彼女は誰だったのか、そんな思いをいつまでも引きずっていた。

 しかし、3年後、妻から見せられた長崎明子の『ただ話したいだけなのに』という小説を読んで、彼は怒りに身体を震わせた。

 その真実は……

作品を見る  新しいブラウザを開いて作品へ

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ