20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:美人じゃないのにかわいい女 作者:此道一歩

第1回   「かわいい」って思ってしまった
彼の名は山本蒼汰(そうた)、長身でそこそこのルックスに恵まれているため、学生時代から女性に不自由することはなかった。
大学を卒業後、森菱商事に入社した彼は、6年目を迎える営業マンであったが、ある時から、なぜか相田奈津美という女性のことが気になっていた。
彼女は、経理課に席を置く、蒼汰よりも2歳年下の女性で、ブスとまでは言わないが、決して口が裂けても美人とは言えない。客観的に視れば、中の下、あるいは下の上に位置づけされるかもしれない。
だが、彼は彼女のことが気になって仕方なかった。
あるとき、ぱっと見、「かわいい」と思ってしまったのである。
でも、よく視ると、なぜそう思ってしまったのか、彼にはわからなかった。
目は少し大きめ、鼻も口も普通…… 
だけど、美人ではない、それははっきりしているのに、彼の頭からなぜか【かわいい】という思いが消えなかった。

それは1週間前の朝のことだった。
駐車場に止めた車から降りようと、片足をおろした彼女に向かって
「おはようございます」
蒼汰が挨拶をすると
「おはようございます」驚いた彼女は困ったように眉をひそめて、頭を下げながら小さな声で返してきた。
彼は、その瞬間、「かわいい」と思ってしまったのである。

色白で肌は艶やか、スタイルはいい、清潔感もある。
彼の目分量によると、身長は163p、体重は44kg、細身だからウエストのくぼみは目立たない、胸もそんなに大きくはない。足は細く、お尻はプリッとしていてとてもかわいい。セミロングの髪は艶やかで、うしろ姿は95点を上げたい、彼はそう思っていた。

しかし、彼がかわいいと思ったのはうしろ姿ではない。

 彼はここまで、残念な女性を見ると目を背けて、できる限り視線を向けないようにしていた。
だが、彼はなぜか、彼女の姿を追うようになってしまった。

ある日、昼食をとりながら、
「おい、省吾、経理課の相田奈津美って知っているか?」
彼は同期の夏山省吾に尋ねた。
「えっ、知ってるよ。あのちょっと残念な人だろ?」
「そうか…… やはりそう思うか?」
「おいおい、何があったんだよ、ブスとまでは言わないけど、一緒には歩きたいとは思わないね」
 彼が首を傾げる。
「ふーん、彼氏はいるのかな?」
「お前、どうしたんだよ?」省吾が驚いて蒼汰を見つめたが
「いや……」彼は返事に困ってしまった。

「経理課だったら、鈴木渚がいいよ、俺、いつか告るよ」
「うん、美人だもんな」
 蒼汰はそう答えたが、なぜか彼女のことは好きになれなかった。彼は何度か、添付書類のことで話したことがあったが、言っていることがよく分かない上に、仕草がいちいち鼻について、美人であることは認めるが、時間を共有したいとは思わなかった。

そして、その日の午後6時、彼は会社を出て駐車場に向かいかけたが、姉に車を貸していたことを思い出し
「あっ、今日は電車だ」つい呟いて、駅に向かおうと振り返った時
「あっ、相田だ……」彼は駐車場に向かって歩いて来る彼女を見て心が躍った。

 そのすれ違い際、
「もう帰るの?」蒼汰がついに話しかけた。
「えっ、あっ、はい。失礼します」彼女が頭を下げて通り過ぎようとした時
「あの車って、いつもきれいにしているね」彼が思い切って話を進めると
「えっ、あっ、はい、ありがとうございます」彼女が立ち止まった。
「新車だよね」
「は、はい、4月に買ったばかりです」
「えっ、それまでは?」
「ボロボロの中古に乗っていたんです」彼女が眉をひそめると、蒼汰はドキッとした。

「ボロボロッて…… 」
「いえ、本当にボロボロで、お祖父ちゃんが乗らなくなった車をもらって……」
「へえー、それに3年間乗ったの?」
「はい、3年たったら運転も上手くなるから新車にしてもいいって言われて……」
「じゃあ、3年でお金を貯めたんだ」彼が微笑むと
「えっ、いや、お祖父ちゃんとお祖母ちゃんが買ってくれたんです」彼女は恥ずかしそうに顔をしかめたが、蒼汰はその可愛さに魅せられてしまった。

「ええっー、いいねー、俺なんか、この前、ようやく中古を買ったばかりだよ。親父がお袋に内緒で20万くれただけだよ」彼も彼女をまねて眉をひそめてみた。
「えっ、あの車、中古なんですか?」
「うん、もう5万キロも走ってるよ」
「でも、普通車だし、いいですね」首を少し傾げた彼女がまた可愛さを覗かせる。
「えっ、相田さん、普通車の方がいいの?」蒼汰は一瞬ドキッとしたが、懸命に話を続けた。
「はい、普通車が欲しかったんですけど、だめって言われて……」
 眉をひそめた彼女もなぜか可愛い。

「ねえ、お好み焼き、食べに行かない? 」彼はこのまま別れたくはなかった。
「えっ、私ですか?」彼女は驚いて、後ろを振り向いた。
 自分の後ろにいる誰かに言ったのかと思ったのだろうか、彼の目にはその仕草がかわいくて仕方なかった。
「だめ?」
「えっ、いや、その…… 」彼女が俯いてしまうと
「何か用事あれば諦めるけど……」蒼汰の声がフェードアウトした。
「えっ、そんなことはないですけど、私なんかといたら、女性に不自由しているのかって思われますよ」彼女がまた眉をひそめた。
「何だよ、それ」
「……」目のやり場に困っている彼女がとてつもなく愛らしい。
「俺、今日ね、電車なんだよ。だから、君の車でもいいかな?」
「えっ、私の車に乗るんですか?」
「だめ? 」
「えっ、でも、恐いですよ」彼女が目を見開いて訴えてくる。
「大丈夫だよ」
「は、はあー」
「お好み焼きは大丈夫?」
「はい、大好きです」彼女が微笑むと思ってもみなかったオーラが噴出してしまった。
「そう、じゃあ、行こうよ、襲ったりしないから」
「えっ、襲われてみたいですけど……」俯いてしまった彼女の仕草が何とも言えない。
「ははっははね、相田さん、面白いね」

 駐車場まで100mほど、彼女の横顔を見ながら話したが、時折、彼に目を向ける彼女がとても可愛い。

 車に乗ると
「山本さん、彼女はいないんですか?」奈津美が尋ねた。
「いないですよ、なかなかタイミングが悪くてね」

 彼は何度も女性と付き合ったことはあるが、どうもしっくりこなくて長続きがしなかった。女は慣れてくるといつもわがままと言うか、好き放題を言い出す。女性と付き合うのはかなり体力も精神力も必要になるから、いつも、もっと楽に付き合える女性はいないのか……
 彼はそんなことを思っていた。

「不思議ですね、もてそうなのに…… 会社にもファンの女性が何人かいますよ」
「まさか……」
(ほ、本当なのか?)
 彼はうれしかったが、今は、そんな漠然とした話よりも、目の前にいる奈津美に興味があった。

「本当ですよ、私が知っているだけでも3人はいますよ」
「君は?」
「えっ、私が山本さんのファンかどうかっていうことですか?」彼女が冷静に尋ねると
「いや、そうじゃなくて、好きな人がいるの?」彼はついごまかしてしまった。
「ええっ、私なんて選り好みできないですよ。今まで、一度も付き合ったことないんですよ」
「えっ」

 店に入って、彼がたこ玉の大とイカ焼きそばの3つ玉を注文すると
「なんか、男性と一つのものを一緒に食べるなんて、初めてで緊張しますね」彼女が楽しそうに首をわずかに傾げたが、その表情が何とも言えず可愛い。
「そんなことで緊張しないでよ」彼は正面から見ていると先ほどの可愛さがよくわからない。

「ところで、車の運転、上手だったよ。恐いとか言っていたけど…… 」
「ありがとうございます、でもね、私、相当に注意していないと、暴走族みたいになっちゃうんです」
 彼女が眉をひそめると、彼はまた可愛いと思ってしまった。

 しかし、この時、彼は、可愛さを感じるのは、彼女の表情が変わるときだったり、何気ない仕草だったりすることに気づいた。
「はははっ、暴走族? 」
「はい」彼女が眉をひそめて首を傾げると
「……」彼はその可愛さに見とれてしまった。

 その後、お好み焼きを御馳走しただけなのに、彼は家まで送ってもらって、今までに経験のない心地よさを感じてしまった。

 そして、この日から彼女が完全に彼の中に住み着いてしまい、彼は何とか理由を捜しては経理課へ出向くようになってしまった。


次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 247