20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:アルフレッドの憂鬱 作者:光石七

第22回   (八)作戦DA

 翌日、お祖父様と一緒にシーズーの子犬をもらってきた。生後三か月のオス。白と茶色の模様が絶妙で、丸っこくてふわふわしていてとてもかわいい。姉様も頬が緩みっぱなしで、一度抱いたら手放そうとしない。僕が好きな冒険物語の主人公からシドと名付けた。
 シドは人懐っこくて無駄吠えも少ない。大抵の人は骨抜きだ。僕もつい作戦を忘れて夢中になってしまう。お祖父様も両親もシドを見ると笑顔になる。使用人のみんなもそうだ。シドを怖がるのは小さい子ぐらいじゃないだろうか。瞬く間にシドはわが家の人気者になった。


 シドがわが家に慣れた頃、レジーを屋敷に招待した。父様がレジーの演奏を聴きたがっているし、僕も友達として親交を深めたいと伝えた。『ブルーローズを守る会』特別集会ということで、ミシェルとレオニードも呼んだ。作戦Dがいよいよ始まる。
 レジーを屋敷に迎え、みんなで改めて自己紹介をした。やはり姉様はレジーを見て頬を赤く染めているし、レジーは母様を眩しそうにもみつめている。使用人たちも一人一人挨拶した。
「そうだ、レジーに新しい家族も紹介します」
 僕はシドを連れてきた。レジーが固まる。
「かわいいでしょ? シドっていうんだ」
 僕はシドを抱いてレジーに差し出した。レジーが顔をこわばらせて後ずさりをする。
「とても人懐っこいんですよ。撫でてあげたら喜びますよ」
 レジーの顔は真っ青だ。僕はレオニードとミシェルに目配せした。顔がにやけそうになるのを抑えながら二人が頷く。勝利目前だ。
「噛みついたりしないですよ。触ってみてください」
 シドをレジーに押し付ける。
「うわあぁぁ!やめろ!」
 レジーはしりもちをついた。
「頼む! こいつを部屋から出してくれ!」
「どうして? こんなにかわいいのに」
「俺、犬は駄目なんだよ!」
「子犬ですよ? 怖がらなくても」
「いいから、早く出せ!」
 あまりに無様な怖がりように、僕も笑いをこらえるのが大変だ。
「変なレジー。シドは僕の弟なのに」
「犬を弟にするな! 頼むからこいつを外に!」
 姉様が僕の横に歩いてきた。レジーに落胆して何か言うのかと思ったら、僕を睨んでいる。
「やめてあげなさいよ。嫌がってるじゃない」
「……」
 僕は言葉が出なかった。姉様がシドを抱き上げる。
「誰か、シドを外に出して」
 姉様の声にエリックが動いた。シドを受け取り、部屋を出ていく。
「レジー、大丈夫?」
「……ありがとう」
 レジーがよろよろと立ち上がった。
「……情けないんだけど、本当に俺、犬だけは苦手でさ……」
「誰だって苦手なものはあるわ。それを見て笑うほど私も幼稚じゃないから」
 ――姉様、それって僕が幼稚だって言いたいんですか?
「アル、ちゃんと謝りなさい」
「……僕はただ、レジーにもシドをかわいがってほしくて……」
「嫌がってたのはわかったはずじゃない。度が過ぎるわ」
「シドを怖がるなんて……」
「アルだって、実在しない吸血鬼がいまだに怖いじゃない」
 ――姉様、ここでばらさなくても……。
「吸血鬼が実在しないとはまだ証明されていません。血を吸われたら自分も仲間になっちゃうんですよ? 怖いじゃないですか」
「いるとも証明されていないわ。存在が不確かなものに怯えるほうが滑稽よ。仮に吸血鬼がいるとしても、ばったり会ったらアルも逃げるでしょう?」
「逃げるけど、吸血鬼と子犬じゃ話の次元が……」
「人が怖がる姿を笑うなんて最低よ。レジーに謝って」
「別に笑ってないのに……」
 懸命にこらえたのに、何だか理不尽だ。
「アル、ユリアの言う通りだ。レジー君に謝りなさい」
「お祖父様……」
 父様も母様もそうだという顔をしている。
「……レジー、ごめんなさい」
 仕方なく謝った。
「……いいよ。確かに子犬を怖がるなんて普通思わないよな。ガキの頃噛みつかれて、それから犬恐怖症なんだ」
「一つや二つ苦手なものがあったほうが、人間臭くていいじゃない」
 ――作戦Dは失敗に終わってしまった。逆に姉様がますますレジーを気に入ったような……。ミシェルもレオニードも渋い顔だ。
「気持ちを切り替えたら、演奏を聴かせてくれないか? ユリアとのセッションでもいいぞ」
 父様が場を仕切り直した。
 しばらくして、屋敷にバイオリンとピアノの音色が響き渡った。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 233