20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:アルフレッドの憂鬱 作者:光石七

第16回   (七)その恋、認めませんC

 ミシェルは今日まで旅行で不在だった。明日会おうと思っていたのに、夕食で思いがけない会話がなされた。
「ユリア、明日の午後はどの部屋を使いますか?」
「他にお客様がいないのなら、この間と同じ部屋がいいわ。ピアノを弾くかもしれないし」
「またレジー君とセッションするのかい?」
「時間があればね」
「夜までいてくれないかな。今度は俺も聴きたい」
 僕以外の家族は明日レジーが来ることを知っていた。いつのまにか姉様がレジーと会う約束を取り付けていた。
「姉様、ミシェルがいないのにどうやってレジーと連絡を?」
「直接手紙を出したもの」
 ――うかつだった。その手があった。
「……この間言ってた相談ですか?」
「そうよ」
「まさか……二人っきりで?」
「そうしたいけど」
「絶対駄目です!」
 僕は叫んだが、姉様は僕の顔をちらっと見ただけだった。
「真剣な大切な話なの。邪魔はしないで」
「姉様が男と二人きりなんて、許せません!」
「……アル、いい加減に姉離れしろ」
 父様が低い声で僕に言った。
「父様、いいんですか? 姉様がレジーに何かされたら…」
「話を聞く限り、そんな男じゃないと思う。もし変な真似をしたら、俺が殺す」
「トーマ君、あの頃の私の気持ちがわかるだろう?」
「そうですね、しみじみと」
「お祖父様も父様も、昔を懐かしんでる場合じゃないですよ!」
「アル、落ち着いてください」
 母様が僕をなだめようとした。
「そうだ、母様が同席……」
 言いかけて気付いた。母様が一緒でも、レジーの気持ちが本物なら別な意味で危険だ。
「お祖父様、姉様についていてくれませんか?」
 頼めるのはこの人しかいない。
「ユリアが相談相手にレジー君を選んだんだ。他の人間がいたら話しづらいだろう」
「私もそう思います」
 お祖父様も母様も物わかりがよすぎる。
「アル、本当に邪魔しないでね。弟でも許さないから」
 ついに姉様に言われてしまった。
 何か作戦を考えなくてはいけない。姉様を守るのは僕だ。二人きりになんかさせてたまるか。
 僕は乱暴にナイフを動かし、肉の塊をフォークで口に放り込んだ。


 名案が浮かばないまま、翌日の午後を迎えた。レジーが訪ねてきた。
「レジー様、ようこそおいでくださいました」
 執事のクロードがレジーを中へ案内する。
「レジー、よく来てくれましたね」
 出迎えた母様を見て、レジーは赤くなった。
「忙しいのではありませんか?」
「いいえ、大丈夫です。定期演奏会も終わったし、今は余裕があるので」
「ユリアのために、ありがとうございます」
「俺でお役に立てれば」
 ――やっぱり怪しい。母様に対するレジーの態度は明らかに違う。
「レジー、姉様と話が終わったら僕の部屋に来ない?」
 平静を装ってちょっと誘ってみた。
「時間が余れば行く。叔母様に呼ばれてるんだ。客のためにバイオリンを弾いてほしいって」
「ユリアと話してて大丈夫ですか?」
「叔母の家に行くのは夜だし、こっちが先約だったんで。……あの……」
 レジーがうつむいた。それでも目は母様を見ている。
「何でしょうか?」
「伯爵夫人のお名前、セイラっていうんですね」
 レジーが顔を上げた。
「アルから聞いたのですか?」
「はい。……今度セイラさんに曲をプレゼントしたいんですけど、いいですか? この間お会いしてから、セイラさんのイメージが旋律になってるんです。タイトルも『セイラ』にしようかと思って」
 ――決定的だ……。テディ兄様も姉様のために自作の歌を歌ったことがある。姉様の評価は散々だったけれど。音楽で気持ちを告白するのも一つの手らしい。それに、身内でもないのに母様を名前で呼ぶなんて。
「なんだか恥ずかしいですね。どんな曲なんでしょう?」
 ――母様、もっと警戒してください。恥じらっている場合じゃないと思うけど。
「かわいらしい、優しい感じの曲ですよ。まだ未完成なので、できたら一番に披露します」
「そんな、もったいないです」
 ――だから、そういう少女みたいな仕草はやめてほしい。ますますかわいいと思われてしまう。父様の前だけにしてください。
「レジー様、お部屋にご案内いたします」
 クロードがレジーを連れて行ってしまった。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 233