20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:アルフレッドの憂鬱 作者:光石七

第14回   (七)その恋、認めませんA

 どうにか姉様に追いついたけれど、姉様はどこか遠い目をして黙ったままだった。やっぱり心なしか頬が赤い。――姉様、本当にレジーのことを……? 尋ねるのが怖い。ミシェルを置いてきてしまったけれど、それどころじゃない。
 屋敷に着くと姉様は自分の部屋に直行してしまい、出迎えようとした母様と入れ違いになった。
「アル。ユリアはレジーに謝れたのですか?」
「はい。……でも……」
「許してくれなかったんですか?」
「違います」
 母様にどう言ったらいいのかわからない。
「演奏会で何かハプニングでも?」
「そういうわけでは……」
「……ユリアは素直になれないところがありますから、照れているのかもしれませんね」
 ある意味正しい推測だけど……。
「あの、母様」
「何ですか?」
「……レジーが、母様を好きだって」
「それはうれしいですね」
 ――母様のことだ。きっとレジーが自分に恋心を抱いているとは思わないだろう。
「また遊びに来てくれるといいですね」
「……そうですね」
 母様に相談するのは難しそうだ。話すなら、お祖父様か父様のほうがいい。でも、僕もまだ混乱している。
 とりあえず自室に戻って深呼吸する。一度落ち着いて頭の中を整理してみよう。
 僕とレジーは友達になった。レジーは他の男とは違い、姉様を異性としては意識していない。ただ、姉様のピアノの才能は買っている。姉様はそんなレジーに好意を抱いたらしい。あんな姉様は初めて見た。でも、レジーは母様に好意を持った。もちろん母様には父様という立派な伴侶がいて、仲睦まじく過ごしている。レジーを恋愛対象として見る可能性は限りなくゼロに近い。父様は母様を熱愛してるし、ユリア姉様を預けられるのはそれなりの男だけだと考えている。僕も両親の仲は認めているし、姉様を簡単に任せられる男はいないと思っている。
 ……何なんだ、この関係図。父様と母様以外はみんな一方通行じゃないか。あ、僕とレジーの友情も例外か。でも、十二歳の少年になんという現実を突きつけるんだろう。
 僕はレジーが嫌いじゃない。いい人だと思う。でも、姉様の心を奪ったり、母様を異性として慕うとなると話は別だ。
 今まで姉様を好きになる男性はいても、姉様が好きになる男性が現れるなんて考えたこともなかった。姉様の隣は僕の指定席だった。それを譲るつもりはない。
 母様の隠れファンがいるらしいということは噂で聞いていた。けれども母様と父様の絆はとても強いし、万が一母様に手を出したら、その男性は父様に殺されるだろう。もしかしたら、お祖父様も父様と同じ思いかもしれない。レジーには死んでほしくないし、そもそも母様に横恋慕するのはやめてほしい。
 ――結局、僕は姉様の思いもレジーの恋心も認めることはできない。友情や他の関係であってほしい。そうなると、僕が取るべき行動は……。
 僕は長男で跡取りだ。家族を守り、幸せにする責任がある。必ず母様も姉様も守ってみせる。僕はそう決意した。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 233