20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:アルフレッドの憂鬱 作者:光石七

第12回   (六)星たちの歌C

 みんなが帰って夕食の時間になっても、ユリア姉様は顔を出さなかった。自室に閉じこもっているらしい。
「ユリアは大丈夫かな?」
 お祖父様も心配している。
「後で食事を持って行って、様子を見てみますね」
 母様が答えた。僕も姉様のことが気がかりだった。
 父様が少し遅れて食堂に現れた。仕事が長引いたそうだ。決闘の様子と事の顛末を聞き、父様は複雑な表情を浮かべた。
「素晴らしい戦いだったのと、アルに新しい友達ができたのはよかったが……。レジーの言葉がユリアの心に刺さってしまったわけか」
「彼に悪気はなかったんだ」
「義父上、わかってます。ユリアも難しい年頃ですから」
「私にもあまり本音を話してくれませんし」
 突然ピアノの音がした。テンポの速い、激しい曲だ。姿を見なくても、姉様が激しく鍵盤を叩きつけているのがわかる。
「……言葉の代わりでしょうか」
 母様が寂しそうに微笑んだ。
 姉様がこんな弾き方をするのは久しぶりだ。やりきれない思いをこうやって発散しているのだろう。しばらくすると、穏やかな優しい曲調に変わっていく。気持ちが落ち着いてきた証拠だ。
「ユリアが助けを求めてきたら、力になろう。今は信じて見守ろうか」
 父様が母様の肩を抱いた。
「……そうですね」
 母様が頷いた。
 姉様のピアノの音色を聞きながら、僕たちは食事を再開した。


 姉様が先生からピアノを学ぶのをやめたのは何故だろう。本当の理由を僕は知らない。
「先生のために練習するのが嫌になったから」
 姉様はそう話した。当時は僕も小さかったから、そうなのかと納得した。でも、姉様は必ず毎日ピアノに触れる。新しい楽譜を欲しがったり、新曲が聴ける場所には顔を出したりする。そして自分なりに熱心に勉強する。ピアノ自体が嫌いというわけではないのはわかっている。けれども先生だけが理由というのは違う気がするのだ。先生と相性が合わないのなら、他の先生に頼めばすむ話だ。
 どことなく気になりながらも、姉様を傷つけそうで、僕はこの件には触れずにきた。お祖父様や両親もそうだ。もしかしたら、お祖父様か母様は本当の理由を聞いているかもしれないけれど。
 レジーがあんなことを言わなければよかったのかもしれない。そうすれば姉様の心も穏やかで、楽しいお茶会だったはずだ。でも、レジーを恨む気にはなれない。レジーとセッションしている姉様はとても楽しそうだった。僕の演奏を褒め、僕を対等な友と認めてくれたレジーだ。一見無愛想だけど、本当はいい人なんだと今日わかった。
 姉様は今どんな気持ちなんだろう。チビの僕じゃ力になれないだろうか。子供の自分が恨めしい。
 明日には元気になっていてほしい。流れ星でも見えれば願い事を唱えるのに。
 自分の部屋の窓から、僕は星空を見上げた。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 233