20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:アルフレッドの憂鬱 作者:光石七

第11回   (六)星たちの歌B

「バイオリンが専門と聞いたが、ピアノの腕も大したものだ」
 レッドフォードのお祖父様が感心してレジーに話しかける。
「元々両方やってたんですけど、バイオリンのほうが面白かったので途中で一本に絞ったんです」
「留学でどんなことを学んだの?」
「音楽の基礎と音楽史、あとはひたすら練習と発表ですね」
 ミランダ伯母様の質問にもレジーは素直に答える。
「俺からも聞きたいことがあるんですけど」
「どうぞ」
 お祖父様に促されてレジーは姉様のほうを向いた。
「ユリア……だよね? 君はどこでピアノを学んでるんだ?」
「九歳まで先生についてたけど、あとは独学よ。趣味で弾いてるだけ」
 姉様はこともなげに言った。
「それであれだけアレンジを弾けるのか? 即興だろ? もったいない、真面目に勉強すればプロのピアニストになれるのに」
「そんなつもりないわ。レジーこそ、超絶技法すごかった。情感もあふれてたし」
「ユリア姉様は音楽にはシビアだから、レジーは自信を持っていいですよ」
 僕は口を挟んだ。
「どうせなら、バイオリンを褒めてほしいな」
「じゃあ、そろそろお願いできるかい?」
 みんなの拍手に応えるように、レジーは立ち上がってバイオリンを構えた。
 弦が音を奏で出す。『フェリシア讃歌』。名君ルドルフ・フェリシアの功績を称えて作られたこの曲は、この国の人間なら誰もが知っている。優雅に荘厳に、柔らかい音色がルドルフの人柄を語る。誰もが拍手を惜しまなかった。
「ユリア、セッションしないか?」
「面白そうね」
 レジーの誘いに姉様も乗った。簡単な打ち合わせをしただけで、バイオリンとピアノで即興のハーモニーを奏でる。初めてとは思えないほど息がぴったり合っていた。ミシェルなんか溶けてしまいそうな顔をしている。
 拍手と賛辞が終わらない。レジーが姉様に言った。
「本当はピアノが大好きで、もっとうまくなりたいんだろ?」
「そうじゃなきゃ弾かないわよ」
「だったら先生から離れたのは何故だ? 指導者がいないと正しく上達しないことはわかるはずだ」
「……レジーには関係ない」
「音を聴けばわかる。いい音をしてる。凛として、ひたむきで……。君は向上心が強い人だ。もっと上に行きたいって思ってるのに、自分でそれを阻んでる」
「今日会ったばかりの人に言われたくない!」
 姉様は部屋を出て行ってしまった。気まずい空気が流れる。
「……ユリアもいろいろ悩んでるんです。今はそっとしておいてあげてください」
 母様がみんなに言った。お祖父様がレジーに謝る。
「ユリアのために言ってくれたのに、申し訳ないね」
「いいえ。俺もちょっと立ち入りすぎました」
 レジーは大きく息を吐いた。
「ねえ、アル。もう一度『星たちの歌』弾いてくれないかしら?」
 レッドフォードのお祖母様に言われて、僕はもう一度ピアノの前に座った。
「俺が伴奏してやるよ」
 レジーがバイオリンを構えた。
 ミスなく弾けた『星たちの歌』だけど、少し切ない曲になった気がした。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 233