20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:アルフレッドの憂鬱 作者:光石七

第10回   (六)星たちの歌A

 翌日の午後、ミシェルとレジーがやってきた。レッドフォードの祖父母もミランダ伯母様も昼食から来ていて、聴衆はそろっている。
「初めまして。レジーナ・エンドルフィです。レジーと呼んでください」
 レジーがにこやかに挨拶した。
「レジー君、わが家へようこそ。こんな風流な決闘なら大歓迎だよ」
 お祖父様が笑顔で迎えた。
「ここにいるのはみんな家族や親戚だから、気楽にしていいよ」
 僕とミシェル、レジーと姉様以外はみんな楽しそうだ。
 母様がお茶を勧めたが、レジーは断った。さっそく決闘が幕を開ける。先に演奏したのはレジーだった。――『子ギツネのワルツ』。超絶技法で有名なこの曲を、素人の子供相手にぶつけますか? 大人げなさすぎる。それだけ怒りが大きいってことだけど。
 全くミスがない上に、実際に子ギツネが駆け回っている様子が浮かんでくる。レジーの演奏が終わると、聴衆は大きな拍手を送った。姉様も感心した顔で拍手している。……この後に弾くのは非常にやりにくい。
 僕は腹を決めてピアノの前に座った。大きく深呼吸して指を鍵盤に置く。姉様の言うとおり、ハートで勝負だ。繰り返し練習した『星たちの歌』を、心を込めて弾いた。母様が好きな曲で、僕たちの子守唄でもあった。優しい母様の歌声を思い出しながら指を動かした。
 ところが、緊張で汗ばんでいたせいか、途中で指が滑った。不協和音が響く。僕は頭が真っ白になり、それ以上弾けなくなってしまった。
(どうしよう……)
 沈黙が続く。みんな僕を見ている。焦る一方で何もできない。やがて姉様が寄ってきた。
「アル、代わって」
「え、でも……」
「助っ人がいてもいいんでしょ?」
 姉様に促されるまま、僕は椅子から立ち上がった。姉様が僕を押しのけて座り、ピアノに手を伸ばした。美しい和音が奏でられた。
(え? これは……)
 僕が弾いていた『星たちの歌』だった。でも、姉様は即興でアレンジして見事な変奏曲にしてしまった。本来の曲の優しさ、柔らかさが幾重もの旋律で表現される。
 最後の和音が消えても、しばらく誰も動けなかった。レジーも口を開けて呆然としている。
「――素晴らしかった!」
 お祖父様が拍手した。つられてみんなも姉様に拍手する。
「これは優劣つけがたいな。どっちも感動したよ」
「本当に。でもどちらか選ぶのなら、わしはレジーを支持する。ユリアも素晴らしかったが、レジーの演奏は本当に子ギツネが踊っているようだった」
 お祖父様二人が意見を述べた。
「私はユリアのほうが馴染みのある曲でよかったわ」
 お祖母様は姉様を選んだ。
「私はレジーの超絶技法に軍配を上げるわね」
 これはミランダ伯母様の意見だ。
 ――姉様のおかげで勝てそうだけど、僕は複雑だ。僕とレジーの決闘だったはずなのに、姉様とレジーの勝負になっている。情けなくて涙が出そうになった。
「アルの演奏もよかったですよ」
 母様が僕の肩に手を置いた。
「私のために弾いてくれたでしょう? アルの気持ちが音にこもってました」
 母様が微笑む。不覚にも涙がこぼれてしまった。母様は優しくそれを拭ってくれた。
「そうだね。苦手なピアノを一生懸命頑張ったね」
 お祖父様も褒めてくれた。
「ええっ? お前、ピアノ苦手だったのか?」
 レジーが驚いた顔をする。何をいまさら……。
「だったら悪いことをしたな。アルフレッドの得意な楽器に譲歩したつもりだったんだが」
 一方的に決めたくせに。けれど僕にも落ち度がある。レジーが続けた。
「でも、この勝負お前の勝ちだ。途中でミスして止まったけれど、確かに心が伝わった。大人げないことをしてすまなかった。名前をからかわれるのは慣れてるはずだったのに」
「……僕も悪かったんです。人の名前を笑うなんて」
「決闘は決闘だ。アルフレッド、俺をどうする?」
「アルでいいです。僕もレジーって呼びますから。……そうですね。せっかく勝ったから、ここでバイオリンの演奏をお願いできますか?」
「お安い御用だ。ちゃんと持ってきてる」
 レジーが手を差し出した。僕たちは今度こそ友情の握手を交わした。
「一息入れませんか?」
 母様が笑顔で声をかける。大人数のお茶会が始まった。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 233