20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:これ、絶対に書いたら、あかんヤツ。ヒープリの二次なので 作者:ジン 竜珠

最終回   IFの物語・2−2
 一時は世界中の、ナノ・ビョー○ンから自律進化した、いくつかのメガ・ビョー○ンを吸収して、最終形態ともいえる姿になったネオ・キングビョー○ン(※)。その魔王との最終決戦の末、ネオ・キングビョー○ンは力を失った。その姿は、青黒い山犬、いや、オオカミだろうか?
 ○レースがキングビョー○ンに近づく。思わず止めそうになったフォン○ーヌだったが、今のキングビョー○ンには○リキュアに抗しうる力がないのがわかるし、それに○レースには何か、言いたいことがあるのかも知れない。
 そう思って、事態の推移を見守ることにした。
 ○レースは、静かに言った。
「キングビョー○ン、私、この地球や世界に、どうしてあなたたちのような存在がいるのか、なんとなくわかった気がするの」
『………………』
 キングビョー○ンは黙って、目だけを動かし、上目遣いに○レースを睨む。
「生命は、世界に存在する病原体によって、病気にかかる。でも、その病気を克服することで、その病気にかからなくなったり、かかっても重い症状を起こさなくなったりする。哀しいことだけど、その病気で死んじゃう命もある。でも……それでも、世界はこう言っているんだと思うの。『命よ、この困難を乗り越えて、強く強く、もっともっと強くなれ!』って」
『…………フン、我らは文字通り「かませ犬」ということか』
 ○レースは答えない。
『だがな、○リキュアよ、このたび、我らが地球全体をむしばむことが出来たのは、お前たち人間こそが、病原体だったということなのかも知れんぞ? お前の言葉を借りれば、「ビョー○ンズよ、○リキュアを倒して強くなれ」とな』
「それはないわ」
 ○レースが笑みを浮かべる。その笑みは、フォン○ーヌには確信を伴った、とても強い意志によるものに思えた。
『ほう? なぜだ? 我らが世界をむしばむのと、貴様らが自然を破壊し、他の生命を危機に追いやるのと、どう違うのだ?』
 痛いところを突いてくる、とフォン○ーヌは思ったが。
 ○レースは笑顔とともに言った。
「あなたたちは、ただ世界をむしばむだけ。でも、人間は自然を保護することが出来る。そして時間はかかるかも知れないけれど、失われた自然をよみがえらせることだって出来るかも知れない。人間は自然との共生を実現できるの」
 それを聞き、キングビョー○ンは呵々大笑した。
『ハハハハハ! 随分と思い上がった考えだな! 自然が貴様らの思い通りになるとでも思っているのかッ!? 貴様らは世界の一部であって、支配者ではない!!』
「そう、私たちも、あなたたちも、世界の一部なの、支配者ではないわ」
『……』
 再び、キングビョー○ンは黙って、上目遣いに○レースを睨む。
 そんなキングビョー○ンに、○レースは言った。
「あなたたちと私たちとの違いは、『自分さえ良ければいい』っていう風に他の命を踏みにじるか、それとも思いやりを持てるかどうか、なのよ」
『…………』
 何も答えないキングビョー○ンだったが。
『……フン。今回は貴様らの勝利だ。それは認めてやる。だが、我らと貴様らとの戦いに、終わりはない。今度、我らと貴様らとが戦うとき、他の命が手を貸してくれるとは限らない。そして、我も、さらなる進化を遂げていることだろう! せいぜい、自然のご機嫌を取っておくことだな。フフフフフ、ハッハハハハハハ……!』
 不敵な笑いを残して、キングビョー○ンは空気にかすむように消えていった。
 キングビョー○ンとのやりとりを見て、フォン○ーヌは○レースの強さ、そしてその成長を感じた。
 確かに、人間はビョー○ンズのように身体的に進化を遂げるのは難しいのかも知れない。しかし、その知恵と心で、それを補う、いや、超えることが出来るのだろう。
 今回の戦いで、世界から力を貸してもらえたように。




※そして、感動のラストへと続く。


※本稿においては、ダ○イゼンはキングビョー○ンに吸収されておらず、○どかに吸収されています。


あとがき

 これは、本当に妄想なので、大目に見てね?

 実は当初、「IFの物語」が「語られざる物語」の2と3でした。「『語られざる』というのとは、絶対違う」って途中で気づいて(最初から気づけって話ですが)、「IFの物語」に直しました。なので「語られざる物語」は「1−」になっています。「『2−』があったんだけど、ボツにした」って事ではありません。……って、そんなの気になさる方はいらっしゃらないか。


← 前の回  ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 142