20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第88回  
 学校に着いたが。
 愛望がしみじみと言った。
「正門のゲート、閉まってるわね。まあ、お休みだから、当たり前と言えば、当たり前だけど」
 友希がゲートを見る。
「よじ登りましょうか?」
 エミィがスカートの裾を押さえる。
「私、スカート……」
 愛望も言った。
「私も、スカート穿いてきてしまったわ」
 夢華も言った。
「私も。……でも! これがある!」
 そして、スクエアミラーと、叙事詩の、あるページを開く。
「『翼のサンダル』! これを使えば!」
 スリットに挿し込むと、夢華の足に翼の生えたサンダルが出現した。そして、軽く跳躍し、軽々とゲートを飛び越えた。
「じゃあ、次、エミィ!」
 と、ページを外し、ゲートの隙間から、エミィに渡す。
「じゃあ、キララ様は私と一緒に」
 エミィはキララを抱きかかえて、ゲートを越える。
 こうしてページをリレーし、六人は敷地内に入った。
「よーし! それじゃあ、バイオレット・アメジストをサガそう、オー!」
 夢華が右の拳を天に向けて突き上げた。

 遺跡にて。
 巫は周囲に残る情報を降ろす。しかし。
「こちらの時間で、八百年あまり。さすがに、情報は希薄になっているわ。例の環状列石や磐座といった『かたち』を再現するので、精一杯。細かな情報までは読めない」
 賢が言った。
「そうか。……読み違えちゃったかな?」
 聖が言う。
「こことファン・タ・シー・キングダムが繋がってる。とすると、あの時の……あたしたちが○リキュアになった時の情報が、ここにも残存してるかも、だったよな?」
「ええ。……あの子たちだけに、負担を強いる訳にはいかないわ」
「賢の言うこともわかる。でもさ、そもそもあたしたちが○リキュアになった時のことなんて、誰も覚えてないだろ? ていうか、気がついたら、○リキュアとして、ファン・タ・シー・キングダムの王宮にいたし」
 聖の言葉に、巫がうなずいて言う。
「わたしは、かすかに覚えてる。でも、それは何かの光に包まれて、使命感を抱いたっていうこと。その前はわからないわ」
 うなずき、賢は言った。
「私たちが、どこの誰だったのか、誰にも……私たち自身にもわからなかったものね。ファン・タ・シー・キングダムの住人じゃなく、異国人だったっていうのは、間違いない。……まあ、そんなことはもういいわ。それじゃあ、マップの欠片サガしを優先しましょう」
「それなら、もうつかんだわ」
 賢と聖は顔を見合わせた。そして賢は言った。
「……もう、つかんだの?」
「ええ。やはり、ここを経由して町の中に散らばったみたい。来て、すぐにわかったわ」
 そして、地に何かを書く。それは。
「……魔法陣……いや、これは……?」
 賢は言った。
「こっちに来て、本を見てて似たようなものを見たわ。東洋の呪術の、マンダラという神秘図形」
 そこまで言った時、地に書いたマンダラから光の筋が伸び、町の方へ走る。
「マーキングしたから、すぐに見つかるわ」
 それを見て賢は。
「行くわよ!」
 歩き出した。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127