20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第85回  
 次の瞬間、ココが斬りかかってくる。それを剣でいなし、コードックが逆に斬りかかる。その剣を左の剣で受け、右の剣で攻勢に出たココだが、その剣を天才的とも思えるタイミングで交わすと、コードックは身を沈め、地を這うように間合いをとった。
 そのまま離れるかと思いきや、ステップを踏み、身を沈めたままココに迫る。そしてコードックはココの足を、剣で払う。ジャンプしてそれをかわすと、ココは宙で身をひねり、右手の剣を振り下ろす。身をひねって、それを受けたコードックだったが、ココが左の剣を突き込んでくるのを完全には、防げなかった。
 うめき、間合いをとって右肩を押さえるコードックに、思わずクレリックは癒やしの光を送った。
「……お前……」
「キサマッ!」
 コードックとココが、ともに驚くが、その表情は対照的だ。
 だが、まずは目の前の敵を、と思ったのだろう、ココが剣を振るう。左の剣でコードックを左へ移動させ、移動した先へ剣を振るう。それを予想していたコードックは剣で剣を受け、刃を滑らせて、バックステップを踏む。ステップの勢いで、自身の右手に横飛びに飛ぶと、地を転がる。コードックの胴があった辺りを、ココの右の剣が走って行った。そのまま転がり、その勢いを利用して起き上がったコードックは、さらにステップで横に飛び、ココに足払いをかける。とっさのことで、ココはジャンプしてそれをかわす。すかさず、コードックはステップで間合いを詰め、着地してくるココに剣を突き出した。
 右の剣でそれを受け止めたココだったが。
「それ」を狙っていたのか、それとも偶然だったのか、剣は、コードックの剣を押し下げるしか出来なかった。故に。
 ココが着地した時、コードックの体勢は低くなっていた。それをバネにして、コードックは気合いとともに、一気に剣を振り上げる。着地直後で体勢が整っていなかったココは、跳ね飛ばされるように、無防備にのけぞる。そしてそのまま。
「でやあああああああああ!」
 裂帛の気合いとともに、振り上げた剣を、コードックは振り下ろした!
「……くあっ……!」
 コードックの剣はココの胸の装甲を切り裂き、そのまま腹部へと、切っ先をめり込ませた。
 気合いとも絶叫ともつかない声を発し、ココは離れる。剣の柄を持った左手を、切っ先が刺さっていた腹部に当て、苦鳴とともに言った。
「……所詮は、よそ者。……信ずるに値せぬ……」
 そう言い残し、ココは姿を消した。

 剣を収めたコードックに、クレリックが言った。
「コードック。……ありがとう」
 複雑な思いだが、それ以上に、胸には暖かいものがあった。
 コードックはチラ、とクレリックを一瞥し。
「……お前がヒトリーじゃないことは、わかっているはずなんだが……」
 そして、姿を消した。
 なんとも言えない気持ちが、クレリックの胸に去来していた。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127