20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第84回  
 ナイトの剣とココの剣が打ち合う。だがそれはほんの二、三合。ココの剣がナイトの剣を押し返す。その際に衝撃波が光となって炸裂し、ナイトは絶叫して地に倒れた。その間隙を縫って、ダンサーが飛び蹴りを放つが、それを右脚で受け、ココは器用に右脚をひねってダンサーの足をからめた。そしてそのままダンサーを地面にたたきつける。苦鳴とともに、ダンサーが動かなくなる。
 ウィッカの魔法弾も、ココの剣の一振りで打ち消された。直後、アーチャーの矢が飛んだが、ココが構えた剣で、真っ二つにされ、消滅した。そのままココはダッシュし、ウィッカ、アーチャーを切り飛ばす。
 その時。
 キララが呪文を唱え終えた。何かの呪文を詠唱していたようだ。稲妻が踊り、宙を走ってココを撃った。……かに見えたが。
「さすが、ファン・タ・シー・キングダムの王女。……と言いたいところだけど。私を地に這わせるには、まだまだね」
 その雷は、ココが左手に持った剣の刃に、絡め取られていた。
「返すわよ」
 ニヤリとして、ココが剣を振ると、稲妻が玉のように丸まり、キララを撃った。
 地に倒れたキララに、ほんの一ステップで迫り、剣を向ける。
「まずは、王女のホープ・ジュエルからいただこうかしら?」
「させないッ!」
 叫び声とともに、クレリックがキララの前に立ち、防御のエネルギーシールドを張る。だが。ココの剣は、それを易々と切り払った。
 苦鳴を上げ、吹っ飛ばされるクレリックだったが、すぐさまシールド波を張り、王女の前に立つ。盾になるように。
 先刻のゼツボーグ・アルノミー戦で、みな、消耗していた。だが、それでも、戦わねばならない。使命感だけが、彼女たちを動かしていた。
 それを見て取ったのだろう、ココが剣を構える。
「その心意気や、よし。武人として、尊敬するわ。せめてひと思いに……」
 そして、剣を振り下ろす。クレリックは杖を盾にし、思わず目を閉じる。その剣がクレリックを切り裂く瞬間をイメージした瞬間!
 金属音がして、何かが弾かれる気配がした。おそるおそる目を開けると、そこには広く、そして心強い背中。
 その背中には、見覚えがあった。
「……あなたは……?」
 間合いをとったココが、顔を歪めて言った。
「……コードック、あなた、いったい……?」
 そこにいたのは、コードックだった。手には、剣がある。
 ココが睨む。
「任務失敗にもかかわらず、なかなか帰投しないと思ったら。何をサボっているの?」
「……」
 コードックは答えない。代わりに剣を構えるだけだ。続いて、ココは問う。
「何のまね? まさか『自分の獲物は渡さない』なんて、興ざめな台詞を吐くつもりじゃないでしょうね?」
 嘲笑を浮かべ、ココは言った。
「……さあな……」
 コードックは一言、答えるのみだ。
 ココが冷たい表情を浮かべ、見下すようにコードックを見た。
「……いいわ。私の邪魔をする者は、誰であろうと斬る」
 そして剣を構える。
「私は、皇帝陛下を護る。皇帝陛下は、国を、民を護っていらっしゃる。陛下をお護りすることは、国を、民を護ることでもある。亡国の王子ならば、それぐらいわかるであろう、コードック? 我が剣は、陛下の勅命であると知れ!」
 この言葉が何を意味するかわからないが、クレリックには、この言葉が、ココによる、コードックに対する最後通牒のように思えた。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127