20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第81回  
 平安時代の終わりから鎌倉時代初め頃のこと。この町で、人々の邪悪な欲望から生まれた魔物が、暴れていた。それを鎮めるために、都から、ある貴族の姫が、男装の女性武士、巫女とともに、やってきた。姫は、賢所(かしこどころ)にある八咫鏡のレプリカ、その神鏡(しんきょう)から御魂(みたま)を移した神器を手に、不思議な力で魔物を退治ていった。しかし、魔物が姿を見せなくなった頃、三人も姿を消した。人々は魔物を倒すのと引き換えに、三人は天に召された、と考え、社(やしろ)を作って、あがめた。

「そのお社(やしろ)は、どこにも残ってないから、ただの昔話って思ってたけど」
 夢華は苦笑いを浮かべて、言った。
「聞いたような、覚えてないような……」
 友希が答える。
「私の小学校では、授業では教えなかったけど、図書室で、そのお話を読んだことはあります」
 マーブ・シーが聞いた。
『その、ヘイアンジダイの終わり頃というのは、いつ頃ですか?』
「お話の中ではっきりと、何年、というのはなかったんですけど。鎌倉幕府の成立が一一〇〇年代終盤ですから、大体、八百年ぐらい前らしいです」
『そちらの時間で、八百年前ですか……。その邪悪な欲望から生まれた魔物、もしかしたら、ジャ・ヨクボーグかも知れません』
 夢華が聞いた。
「じゃよくぼーぐって、なんですか?」
『当時、カーナ・シー・エンパイアが送り込んできた怪物です。ミミック・モンスターよりも、何段階もレベルが上の化け物です』
「シツボーグとか、ゼツボーグみたいなものか」と、祈璃が呟いた。
『もし、そのお話と繋がっているとしたら。……その時の三人が、○リキュアになった……』
 その時、映像が揺らぎ始めた。
『今日はここまでのようです。キララ、こちらはまだ、結界を解くことが出来ません。国を流れるエネルギーラインの修復魔法が完了するまで、もう少し時間が必要なのです。……○リキュアの皆さん、どうかそれまで、キララを護って……』
 そして、通信は終了した。
「お母様……」
 キララが目を閉じ、祈る仕草をする。彼女が祈るのは、母の無事だけではないだろう。
 愛望が言った。
「……思ったんだけど」
 祈璃が聞く。
「なに?」
「この間、言ったでしょ、八百年前、例の遺跡で三人の乙女が、っていうお話。ひょっとして、その時の七つの玉って、ホープ・ジュエルだったんじゃ……!」


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127