20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第63回  
 五人が立ち上がり、叫んだ。
「叙事詩(サガ)、オープン!!」
 いったん抜けかけたホープ・ジュエルが本になり、五人の周囲を巡る。そして、再び、夢華たちは○リキュアになる。
 それと同時に、周囲にあった石柱が砕け散る。
 ナイトがホープ・ジュエルをかざす。
「希望の星はどこ!?」
 中央部に「それ」が輝いていた。
「あった、希望の星! 我ら、いざ、夢を護らん!」
 フェニックス・スピアーがゼツボーグを貫き、その敷地の端っこでへたり込んでいる人の頭上でエクスクラメーションマークが輝いた。
 その人物が何らかの希望を取り戻して、その場を去る。変身を解除しようとした時だった。
「○リキュアァァァァァァァァァァァ!!」
 何者かが吠えながら、躍りかかってきた。それを剣で受け、ナイトは言った。
「クーキョン!?」
 いつもは、撤収しているクーキョンが、剣を手に襲いかかってきたのだ。
 吠えながら、クーキョンが斬りかかる。太刀筋はデタラメだが、それがかえって、気迫と力を伝えてくる。
 ウィッカの魔法弾がクーキョンを吹き飛ばす。だが、地に転がったクーキョンはその勢いを利用して、起き上がり、またナイトに斬りかかってきた!
「クーキョン、どうしたの!?」
「うるさい! お前たちのホープ・ジュエル、さっさと寄越しなさい!」
「!? できないわ!」
 剣で、押し返すとダンサーが跳び蹴りで、クーキョンを数メートル吹っ飛ばす。苦鳴を上げたクーキョンだが、再び立ち上がり、吠えながら跳躍して斬りかかってきた。
 いや、もはや剣で殴りかかる、に近い。何度も打ち合いながら、ナイトは身を沈め、下から剣を振り上げる。その攻撃にクーキョンがひるむ。その隙を突いて、ナイトはクーキョンを蹴り飛ばす。そして。
「光の章! 輝く刃!」
 光の刃を持ったページを、スクエアミラーに挿し込んだ。
「○リキュア、ドリーム・スラッシュ!」
 ナイトの必殺技が炸裂した。
「がはぁっ!」
 クーキョンが倒れた。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127