20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第58回   しょの8・1
「これが、マップか。確かに不完全だね」
 賢が、エミィの持つマップを見て、言った。
 今、夢華たちは町公民館、そのロビーにいる。
 閉館時間まで、あとわずか。今日は、賢たち三人は、いったん、島に帰るという。
 聖が言った。
「なあ、この白いのと、青いのと、赤いの。ウィズダムのエンブレム、あたしのエンブレム、シャーマンのエンブレムの一部に見えるけど?」
 エミィがうなずいた。
「そうじゃないか、とは思ってたんですけど。やっぱりそうでしたか……」
 巫が聞いた。
「エンブレムがあるのって、この町のどこになるの?」
 それに応えたのは、愛望だ。
「青いエンブレム……パラディンのエンブレムがあるのは、市の西部。ここには、市で一番高い山があります。白いエンブレム……ウィズダムのエンブレムがあるのは……。ここは多分、夢の木中学校かしら? 赤いエンブレム……シャーマンのエンブレムがあるのは、市の東南部。海水浴場の北東部、かしら? 確か、ここは……」
 夢華が挙手した。
「はいはーい! ここ、遺跡がありまーす!」
 賢たち三人が、夢華たちを見る。賢が聞いた。
「遺跡? なんの?」
「えーと」と夢華は考える。近所……というほどではないが、自宅からの徒歩圏内であり、小学校の頃には、社会科見学で訪れたこともあるが、それほど注意した訳ではない。そもそも遺跡とはいっても、何か建物とかがあった訳ではなく、だだっ広い広場がある、その程度の認識しか持っていないのだ。
「えへへ」
 なので、笑ってごまかす。ため息をついて、友希が言った。
「古代の祭祀場跡といわれています。もはや推測するしかないそうですが、環状列石や、何らかの、建物以外の構造物を立てていた痕跡が見られるそうです」
 巫が顎に手を当てて考える。
「祭祀場の跡……」
 チャイムが鳴った。閉館時間だ。
 立ち上がり、賢が言った。
「マップの欠片(カケラ)については、私たちの方でも、サガすようにするわ。……といっても、どこまでできるかわからないけど」
「お願いします」
 とエミィがお辞儀した。

 船を係留してある港へ向かいながら、賢は言った。
「あの時、私が手にしたバイオレット・アメジスト、聖が手にしたインディゴ・サファイヤ。人間界に来た衝撃で手から離れてしまったけど」
 聖がうなずく。
「多分、その場所に落ちたんだろうね。でも、さ。他の五つのホープ・ジュエル、どうしてあの子たちが手にすることになったんだろう?」
 巫が答える。
「推測なのだけれど。ホープ・ジュエルは夢の結晶のようなもの。強く夢の力を抱いている人に反応して、引き寄せられたのじゃないかしら?」
 賢も聖もうなずいた。
「とすると、この先、また強い夢の力を抱く人が現れたら、そっちに引き寄せられる、ってことか。賢、その前に手を打った方が良くないか? 下手をすると、一ヶ所にホープ・ジュエルが集まっちまう」
「それは、大丈夫じゃないかしら? ホープ・ジュエルは○リキュアの力として実体化しているようだから、一つに合わさることはないと思う。ということは」
 と、賢は立ち止まる。
「当面、考えられる、危惧すべきことは、あの子たちが倒されて、ホープ・ジュエルが分離すること。○リキュアの力じゃなく、ホープ・ジュエル単体となった時、おそらく引き合ってしまうと……」
 聖が息を呑む。
「……ヤバいな。残り二つのホープ・ジュエルも引き寄せられて、一気に一つになることもあり得るってことか」
「ええ。だから、私たちも、全力であの子たちを護らないと!」
 巫が言った。
「それなのだけれど。わたし、あの祭祀場跡、とかいうのが、何かの『鍵』になっている気がするわ」
「鍵?」と、聖が首を傾げる。
「よくわからないのだけれど」
 と、巫は考える素振りを見せる。
 しばらくして。
「とにかく、帰って善後策を練りましょ」
 賢が言うと、聖も巫もうなずいた。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127