20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第41回  
 ミミックモンスターが消滅したあとに、何かがあって海面に浮いていた。それは名刺のようなもの。二枚ほどある。
 それを拾うと、エミィが言った。
「……これ、地図のパーツだ」
「マジ!?」と、夢華は駆け寄る。うなずいて、エミィは地図を出して、そのパーツを当てると、該当部分で地図が構成された。残念ながら、例の紋章を補完する位置ではなかった。
 愛望が言った。
「市の西と、東南ね」
 うなずいたエミィがふと。
「あれ?」
「どしたの、エミィ?」と夢華が聞くと。
「うん、これ」
 と、エミィが指さす。今構成されたパーツに、やはり、何かの模様の一部らしきものがあった。色は、青と赤。しばらく考えたエミィが言った。
「これ、○ュアパラディンと、○ュアシャーマンのエンブレムの一部に見える……」
「まじ……?」
 夢華の言葉に、エミィが自信がないようながらもうなずいた。

 島に帰ってきた聖が言った。
「流した箱、やっぱり、全部、夢ヶ谷市に流れ着いてたみたいだね、巫(かんなぎ)」
 巫と呼ばれたロングヘアの少女がうなずく。
「じゃあ、今度は東の岬から流してみましょう。……ところで、あの箱、魔力がこもってるから、下手をするとミミックモンスターが、その魔力に引き寄せられるのではなくて、賢(さとる)?」
 賢と呼ばれた少女は、二人を見て、薄い笑みを浮かべて言った。
「それなら、大丈夫。ミミックモンスターは、封印状態にあるから、魔力の弱い人とか、普通の人にとっては、ただの箱。魔力の強い人が開けたら、実体化するけど。あと、○リキュアとか」
 二人がうなずく。
 浜辺から、本土を見ながら、賢は言った。
「とにかく、ホープ・ジュエルが一ヶ所に集まってしまうと、取り返しの付かないことになる。一刻も早く、こっちの世界に来たらしい、マップ・ホルダーに知らせないと……! そのためにも、まず、あの箱を流して、気づいてもらわないと……!」
 海に沈む夕日を見ながら、賢は両の拳を握りしめた。


(ファンタシーサガ ○リキュア・しょの5 了)


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127