20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第40回  
 変身して、海面を走り、戦場へ駆けつける。
「クレリック!」
 うれしそうに、ナイトが言った。
「無事だったのね!?」
「ええ! ……それより、こいつ」
 ウィッカが言った。
「ゴムみたいな弾力があって、物理攻撃が利かないの。魔法攻撃も、シールドを持った足で弾かれて!」
 クレリックは大ダコを見る。どこかに弱点はないか?
 ウィッカが言った。
「ひょっとしたら、海に投棄されたゴミの中の、ゴム製品をもとに、体を構築しているかも知れない」
「え?」と、ダンサーが聞いた。
「そういうことってあるの?」
「うん。ミミックモンスターの中には、行った先の物質を使って体を作るものもあるの。そうやって、現実世界に存在を固定するの」
「そうか。もしゴムなら……」
 クレリックは考え。
「みんな、私に考えがあるの! しばらく時間を稼いでいて!」
 そして、そこを駆け出した。

 クレリックが行った先は、先のカフェ。
「すみません!」
 声をかけると、ウェイトレスが仰天していた。この格好の時は、髪の長さも色も違うし、何より魔力の影響で、知人でさえ、○リキュアの正体に気づけない。そのことは以前、シツボーグからクラスメイトを助けた時に、実感した。
「レモンをください!」
「え? レモン? えっと、ジュースとかの材料としてなら、あるけど」
 ここでふと、クレリックは気づいた。そう、お店にとっては、レモンは商売道具だ。
「ちょっと待ってて!」
 そして駆け出し、物陰に隠れていったん、変身を解除し、財布を確認する。帰りの交通費を差し引いて、千円札を出す。
「……くっ、今月のお小遣い……!」
 しかし、そんなことを言っている場合ではない。再び変身し、ウェイトレスのところへ行って、言った。
「これで、買えるだけ! ……できたら、仕入れ値で売っていただけたら……」
 ウェイトレスが、怪訝な表情になる。

 戻ってくると、ナイトとアーチャーが足に絡め取られていた。
「ダンサー、これをマジックシールドを張る足に浴びせて!」
 ビニルの小さな買い物袋に入った十五個のレモンを投げる。それを受け取ったダンサーが首を傾げた。
「レモン?」
「もし、このモンスターがゴムで出来てるとしたら! レモンに含まれるリモネンは、ゴムを溶かすことが出来るの!」
 それを聞いてうなずくと、ダンサーはジャンプしてレモンを、シールドを張る足に投げつける。そして、魔力を込めたキックでレモンを砕くと、その果汁が足にかかった。しばらくして、その足が溶けて消滅する。
 ウィッカがすかさず、魔法弾を放つと、ナイトとアーチャーを捕らえていた足が爆発する。
 ナイトとアーチャーが海面に着地したのを見て、クレリックはタコを見た。破壊された足の断裂面から、魔力で出来た「体の元」のようなものが見えた。クレリックは、手袋が描かれたページを出した。
「癒やしの章! 安らぐ手!」
 クレリックの両手に、レースで出来たような手袋が現れる。
「○リキュア、ドリーム・クリアリング!」
 手袋越しに癒やしのエネルギーが杖に伝わり、そのエネルギーが、無理矢理こちらに実体化している魔力を浄化する。
 大ダコが消滅した。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127