20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第39回  
 変身した夢華は、剣で愛望を捕らえている足に斬りかかるが、まるでゴムのような弾性があって、反動で跳ね飛ばされた。ダンサーがステップを踏んでキックを放つが、砂浜のため足場が悪く、踏み込みが甘い。そして、弾力で跳ね返された。アーチャーの矢も、跳ね返される。
 ウィッカが魔法弾を放ったが、一本の足がそれを弾く。どうやら、あの足には対魔法能力があるらしい。その足をアーチャーの矢が狙ったが、やはり、跳ね返る。
「みんな、集中攻撃しよ!」
 ナイトが叫ぶ。うなずいた三人が、まずは愛望を捕らえている足を狙うが、物理攻撃は跳ね返され、魔法弾はマジックシールドを張った足に跳ね返される。
 そうこうするうちに、赤いタコがさらに赤くなった。気のせいか頭(もし本当にタコと同じだとすると、正確には「腹部」だが)から、湯気が立っているように見える。そして愛望を沖の方へ放り投げ、八本の足を使って攻撃に転じてきた。
 ナイトが叫ぶ。
「愛望先輩! ……必ず、助けに行きます!!」
 そして、剣に気力を込め、襲いかかる足に斬りつけた!

 気がつくと、どこか、洞窟のようなところにいた。愛望は起き上がる。ぽっかり開いた入り口があって、海が見える。
「砂浜から一キロほど沖合にある、小島だ」
 声がした。そちらを見ると。
「……コードック!? どうしてあなたが、ここに!?」
 カーナ・シー・エンパイアの三幹部の一人、コードックがそこにいた。
 コードックが言った。
「お前たちがどこかへ出かけるのが見えたのでな、念のため、追尾していた」
 愛望は状況を考え、言った。
「……あなたが、助けてくれたの?」
 少し置いて、コードックは苦い表情で答えた。
「あの時も言ったぞ? ホープ・ジュエルとその所有者は、どういう繋がり方をしてるか、わからない。変身していない状態でお前に何かあると、ホープ・ジュエルがどこかへ消える恐れがある。俺が助けたのは、お前じゃない。勘違いするな」
 この言葉が本心だろうがそうでなかろうが、言わねばならない言葉がある。
「ありがとう」
 そう言うと、コードックは顔をそむけた。愛望はふと聞いた。
「ねえ、あの時……以前、ミミックモンスターに襲われた時、私をかばって、助けてくれたわよね? あの時、あなた、私を見て叫んだわ、『ヒトリー』、て」
「……!」
 コードックが目を見開き、こちらを見る。
「もしかして、あなたの大事な人なの、『ヒトリー』って?」
 それには答えず、コードックは洞窟から出る。振り返り、無表情に言った。
「次に会う時は、○リキュアとしてのお前を、俺が倒す時だ」
 そして、コードックは姿を消した。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127