20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第33回  
 灯台の灯光部のレンズが回転し、辺りに光りを照射する。破壊光線ではないようだが、用心が必要だ。間合いをとり、アーチャー、ウィッカが遠距離攻撃で、灯台を狙う。その隙に、ナイトとダンサーがゼツボーグに迫った。だが、ゼツボーグはこの短い時間にも、何か描いていたらしい、ナイトとダンサーがそれぞれの技で、倒すのが見えた。
 灯台を消した頃、クレリックがホープ・ジュエルをかざす。しかし。
「……え!? 希望の星が見えない!?」
 ナイトが仰天する。
「そんなバカな!?」
 ウィッカが言った。
「まさか、あれも『描かれたもの』、とか!?」
 ダンサー、アーチャーが周囲を見るが、それらしいものはいない。やはり、この筆はゼツボーグそのものと考えた方がいい。
 ナイト、ウィッカ、ダンサーもホープ・ジュエルをかざす。だが、見つからないらしい。アーチャーもホープ・ジュエルをかざした。すると、かすかだが、見て取ることが出来た。
「……あった、希望の星……」
 それは、とても弱々しくて、今にも消えそうで。
 胸が痛むのを覚えながら、アーチャーは言った。
「穂先の中心!」
 うなずき、ナイト、クレリック、アーチャー、ウィッカの「○リキュア・フェニックス・アロー」が、ゼツボーグの穂先を貫いた。
 しかし。
 ゼツボーグは健在だった。
「……そんな……」
 そんな言葉を呟いて絶句したのは、ナイトだったか?
「それなら」
 ダンサーがステップを踏み、「ドリーム・ビート」を放つ。光の炸裂が収まった時、そこにゼツボーグが立っていた。
「……うそ……」
 ダンサーが絶句した。
 すると、ゼツボーグが倒立し、地面に何かを描く。立体化した「それ」は。
 アーチャーが息を呑む。
「私たち……」
 等身大の○リキュアの五人だったのだ。それぞれ、ファイティングポーズをとった本物の五人だったが。
 何をするでもなく、描かれたその五人は、消えていった。まるで、カンバスに描かれた絵を、削り取るように。
 その直後だった。
『ゼ……ツ、ボォ、ォォ…………グ……』
 ゼツボーグが風に吹かれる砂像のように、崩れていった。
 そこから、かすかな光が漏れ出て、ウッキューの持つ球体に吸い込まれる。そしていつものように、下に垂れている涙滴に流れたが。
 甲高い音とともに、涙滴にヒビが入り、次の瞬間、粉々に砕け散ったのだ!
 クレリックが震えながら、言った。
「どういうこと……?」
 ウィッカが首を横に振る。
「わからない……。何が起こったの……?」
 四人が困惑する中、アーチャーは一人、底知れぬ不安を感じていた。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127