20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第28回   しょの4・1
 攻め込んできたカーナ・シー・エンパイアの、空中宮殿。その深奥部に乗り込むと、玉座に、その存在はいた。
「観念するのね、女帝モーダ・メーネ・カーナ・シー!」
 玉座に座る美しく若い女が立ち上がる。
「よくぞ、ここまで来ることが出来たわね、○ュアウィズダム」
 ウィズダムは、両の拳を構えて、ファイティングポーズをとる。
「パラディンとシャーマンが、頑張ってくれてるから!」
 女帝モーダ・メーネが、ゆっくりと階(きざはし)を降りる。
「あなたほど聡明なら、もしかしたら、気づいているんじゃないの、我々がやろうとしていること、その本当の意味を?」
 ウィズダムはうなずく。
「ええ。わかってるわ」
 モーダ・メーネが険しい表情になる。
「なら! なぜ、私たちの邪魔をするの!? そんなことをしたら……!」
「私は、その先を知ってるから」
「……?」
 モーダ・メーネが怪訝な表情になる。
「あなたたちの目的が達せられた、その先に待つもの。それは……」
 そして、ウィズダムが語る。それを聞いて、モーダ・メーネの表情が強ばる。
「嘘よッ!? そんなこと、信じられない、信じられる訳がない!!」
 ウィズダムはファイティングポーズをとったまま、首を横に振る。
「残念だけど、本当よ。その兆しが、すでに現れている。……そうでしょ?」
 思い当たるところがあったのか、モーダ・メーネが息を呑んだ。
「……心当たりがあるのね?」
 そこまで言った時、何者かの気配を感じて、ウィズダムは右手に視線をやる。壁が崩れて、一人の若い男が現れた。満身創痍(まんしんそうい)だ。
「ユメヤ!?」
 モーダ・メーネがその青年を見て叫ぶ。その青年は、女帝モーダ・メーネの弟、ユメヤ・ブレタ・カーナ・シー親王だった。
 ユメヤ・ブレタが言った。
「○リキュア、姉上には、指一本、触れさせんぞ……!」
 激戦の中を、どうにか抜けてきたのだろう、よろけながら、こちらに近づいてくる。それを見て、ウィズダムは拳を下ろした。
「これ以上、あなたたちを傷つけるつもりはないわ」
 ユメヤ・ブレタが怪訝な表情になる。ウィズダムは言った。
「あなたたちに、見て欲しいの。私は必ず、最善の道を見つけてみせるから」
 モーダ・メーネが鼻で嗤う。
「フン、そんなこと、出来るわけが……!」
「出来るわ!」
 強い調子で言ったからか、モーダ・メーネとユメヤ・ブレタが肩をふるわせる。その時、○ュアパラディンと○ュアシャーマンの二人が駆けつけた。
 パラディンが言った。
「ユメヤ・ブレタ、やはりここに! ……大丈夫だった、ウィズダム!?」
「ええ、大丈夫よ。……モーダ・メーネ、それからユメヤ・ブレタ。どうか、私を信じて欲しいの」
 二人は何を思うか。
 しばらくして。
「……わかったわ。あなたを信じる」
「姉上!?」
「ユメヤ、私たちの目的も、○リキュアたちの目的も同じなの。だったら、彼女たちに任せましょう? でも」
 と、厳しい目で、射貫くようにウィズダムを見た。
「もし、我らの危惧するような事態になったら、また、ここへ来るわ。それこそ、今以上の力で、ね」
 ウィズダムはうなずく。
 そして……。

「……んあ……?」
 月曜日、エミィは目を覚まし、自分がベッドに入らず、テーブルに突っ伏したまま眠っていたことに気づいた。
「……ああ、あのまま寝ちゃったんだ……」
 昨日、地図の一部を見つけた。その一部には、伝説の○リキュア・○ュアウィズダムのエンブレムの一部のようなものがあり、エミィはその正体を知りたくて、ペンデュラムやカードなどを駆使して、地図のパーツ、その行方を探っていたのだ。
 伝説の書にヒントがありはしないかと、目を通してみたが、大部分に封印がかけられていて、解読出来ない。
 それでもなんとか読めないかと、試行錯誤している内に、眠ってしまったようだ。
『エミィちゃん、朝メシだよー!』
 キッチンから、シェア友の木部(きべ)苑美(そのみ)という女子大学生の声がした。今日は、彼女が朝晩の食事当番だ。
「もう、そんな時間か」
 呟いて、エミィは立ち上がった。
 その時。
「……? そういえば、なんか、夢を見た気がするけど……?」
 何か、妙な夢を見たように思ったが、忘れてしまっていた。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127