20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第23回  
 町を流しているのは、カーナ・シー・エンパイアの三幹部の一人、クーキョンだ。クーキョンは、夢華たちと、年齢が近い。
「……どこかに、虚ろな思い持ってる人、いないかしら?」
 ぶらぶらと歩き、周囲を観察する。一刻も早くホープ・ジュエルを集め、ムーナ・シー・ハイランドを復活させたい。そのためには、世界を闇色に染めて、その光を探さねばならない。
「○リキュアたちのホープ・ジュエルは、そのうち倒して手に入れるとして、ほかの三つ、この町にあるはずなのよね……」
 ホープ・ジュエルは、互いに引き合い、一定のエリアに集まるという。○リキュアたちのホープ・ジュエルがこの町にある以上、残り三つのホープ・ジュエルもこの町にあるはずなのだ。
 あちこち見ていて、ふと。
「……ふうん」と、あるものを見て、クーキョンは凄惨な笑みを浮かべた。
「いい色、見ぃつけた」
 楽しそうに言って、ゼツボーグの元になる玉を出現させた。

『ゼツボォォォォォォォォォグ!』
 ゼツボーグが、闇を吐いている。今回のゼツボーグは、直方体だ。何かの箱で、きれいな装飾がある。
 駆けつけた夢華は言った。
「お昼ご飯の最中だったのに!」
 エミィが言った。
「そういう問題じゃないでしょ!? 早く倒さないと!」
 うなずき、愛望と友希がスクエアミラーを出す。

 変身した四人とゼツボーグが戦う。やはり、ゼツボーグ、通常攻撃が利きづらい。だが、ある程度ダメージを与えて動きを鈍らせないと、ゼツボーグが飲み込んだ希望の星を探せない。
 ナイトたちが攻めあぐねていると、ゼツボーグの上の部分……フタがパカッと開いた。左手でラチェットレバーをグルグルと回すと、ゼツボーグからきれいな音色が響き始めた。
 ナイトは呟いた。
「……もしかして、あのゼツボーグって、オルゴール……?」
 その瞬間、体が勝手に動き始めた。まるで音楽に合わせて踊るように。
 見ると、クレリックもアーチャーもウィッカも踊っている。あれよあれよと思う間に、四人は一カ所に集まった。ウィッカがローブの裾を指でつまんで、笑顔でお辞儀し、言った。
「お嬢様、ご機嫌よう。一緒にダンスでも、いかが?」
 ナイトも笑顔でうなずいて言った。
「よろしくてよ、お嬢様」
 そして次の瞬間。
「……って、ちッがーうっっ!!」
 頭を振り、叫んだ。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127