20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第13回  
 カーナ・シー・エンパイア、その謁見の間。
 コードックは皇妃テーヅ・マリーに呼ばれていた。
「おはよう、コードック」
「おはようございます、皇妃殿下。本日もご機嫌麗しく」
 恭しく礼をすると、テーヅ・マリーが言った。
「コードック、実は昨日、アルケミーでちょっと面白いものが出来たの。本来、造りたかったものとは違うんだけど」
 皇妃テーヅ・マリーは、アルケミー……錬金術にはまっている。いろいろと造りたいものがあり、実際、造っているが、今回は何を造ったのだろうか?
 そんな風に思っていると、テーヅ・マリーから「それ」を渡された従者・凜々しい武人のアキラ・メータがこちらにやってきて、コードックに手渡した。
「これは何でございましょうか、殿下?」
 手渡されたそれは、掌に収まる程度の灰色の鈍い輝きを持った球体。ゼツボーグを生み出す玉とは違う。
「本当はゼツボーグのパワーアップアイテムを造ろうと思ってたのだけど。……フフ、ちょっと試してもらえない? その結果で、パワーアップアイテム作成のヒントがつかめるかも知れないの」
「御意」
 立ち上がり、その場を去ろうとした時、テーヅ・マリーが言った。
「いいこと、コードック。いつも言っているけど、手詰まりなんて事はないの。あなたには期待しているわ、皇女ティア・ドロップのお気に入りなんですもの」
 うなずき、コードックはその場を去った。振り返った時には、その表情は厳しいものになっていた。

 ホープ・ジュエル、必ず手に入れる。そして、我が祖国を復活させるのだ。

 胸にそんな言葉を秘めて。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127