20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第108回   エピローグ・1
 夏の朝、その女性は、マンションの一室の前にやってきて、インターホンのボタンを押す。ちょっとして出てきた男性に言う。
「おはよう。今日はお昼を作りに来られないから、お弁当、作ってきたわ。……もしかして、徹夜してた?」
 男性が答えた。
「うん。今描いてるの、今日のお昼が締め切りだったから」
「そう。でも、あんまり無理しないでね?」
 女性が気遣う。
「ありがとう、でも、今度の個展は、堂内先生のご尽力で実現したから、期待には応えたい、全力で!」
「……ついに海外進出ね」
「うん」
 女性は心からの笑みを浮かべて言う。
 女性が持参した弁当包みを受け取りながら、男性は言った。
「お弁当って。無理しなくていいのに。君にとっても大事な時期だろう?」
「こうやって、なにかしてないと、落ち着かなくて。あなたのために何かやっていると、心が落ち着くの」
 と、女性は微笑む。
 男性も柔らかい笑みを浮かべる。そして。
「大丈夫! きっと、世界選手権の日本代表に選ばれるよ!」
「……うん、ありがとう、承平さん」
 男性……承平が言った。
「来週からの選考会、僕は日本にいないけど、君の勝利を祈ってるよ、友ちゃん!」
 その言葉に女性……友希は、胸に下げたペンダントのアンバーを右手で握りしめる。手の中で、アンバーが光ったように、友希は思った。
「そういえば。友ちゃんの友達も、海外進出するんだったよね?」
「うん。確か、今日、日本を出立するって」
 そして、友希は空を見上げた。

 空港のコンコースにいたその女性は、胸を押さえ、また深呼吸をやっていた。その女性に声をかけてきた、もう一人の女性。
「かなり緊張してるみたいね?」
 女性が、声をかけてきた女性を見る。
「うん、やっぱり海外進出って、夢だったけど、実現するってなると」
「……もう、今からそんなに緊張してたら、公演直前になったら、あなた、ぶっ倒れて魂が抜けるんじゃない?」
 苦笑いした女性にうなずいて、その女性は提げたペンダントのヘッドを握る。そしてまた深呼吸。手の中で、トパーズが輝いたように思った時、心の中に、勇気と安らぎがわいてきた。
「ごめん、もう大丈夫だ、まびき」
 まびき、と呼ばれた女性が笑顔で言った。
「そう。……マネージャーがサガしてたわよ」
「うん、わかった」
「でも、公演直前になったら、あなた、やっぱりぶっ倒れると思う」
「そんなことないって。私は、あなたのこと、信じてる。この公演、あなたと二人なら、絶対、成功出来る! まびきとのユニットは、世界で最高なんだから!」
 まびきが、笑顔で言った。
「ありがとう、祈璃。……そういえば、あなたのお友達に、お医者様がいたわよね? 呼んどこうか?」
「いいよ、彼女、忙しいし」
 まびきがイタズラっぽい笑みを浮かべる。倒れた時のために、ドクターを手配しておけと言うのだ。
 その「思惑」を見て、苦笑を浮かべ、祈璃は答えた。
 そして、祈璃はある救急救命センターがある方向を見た。

「患者さんの容態(ようだい)は!?」
「意識はありますが 出血がひどく、このままではショック症状を起こすかも知れません!」
 女性看護師の報告を聞き、その女性は、仮眠室から飛び出す。
「バイタルは!?」
 早足で歩きながら、女性は聞く。
 看護師が答えた。
「パルス五十五、上八十、下五十、体温三十五度五分、サチュレーション七十五!」
「……サチュレーションが極端に低いわね?」
「ご覧いただけたら!」
 すると、ストレッチャーがこちらに向かってきた。その流れに女性は合流し、搬送された中年の男性患者を見る。
 右胸の下に、建築資材に使うような直径二センチ、長さ一メートルほどのシャフトが刺さったままになっていた。下手に抜くと、大出血を起こすから、刺さったままにしていたのだろうが。
 それを見て、女性は言った。
「右肺(みぎはい)下葉(かよう)に重度の損傷あり! 緊急オペ!」
 その時、男性看護師が駆けてきた。
「処置室、空きました!」
「すぐに、オペ室、押さえて! 早く!」
 女性の声に、男性看護師がうなずき、また駆け出す。
 女性が意識の混濁しているらしい患者に言った。
「大丈夫よ、必ず助けるわ!」
 その時、先の男性看護師がやってきた。
「スタンバイ、OKです、愛望先生!」
 女性医師……愛望はうなずき、一同を見る。愛望は一度、ズボンのポケットの中に入れた、エメラルドのペンダントヘッドを握りしめる。エメラルドが光り輝いたような感覚を覚え、ポケットから手を出して、愛望は言った。
「この患者さんは、良き友であり、良き伴侶であり、良き父かも知れない! 自分の大事な人だと思いなさい! 必ず助けるわよ!」
 その場の皆が力強く答えた。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127