20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア! 作者:ジン 竜珠

第100回  
 カーナ・シー・エンパイアに侵入する前から異変には気づいていた。
 シャーマンが言う。
「闇に覆われている、と言うより、闇そのものになってしまった。そんな感じだわ」
 うなずき、パラディンも言った。
「こりゃあ、ブラック・ダイヤモンドに何かがあった、って考えるしかないな。ウィズダム、儀式とか、もうそういう話じゃないんじゃないか?」
「そうね」と、ウィズダムは言った。
「でも、やるだけはやりましょ!」
 宮城(きゅうじょう)の上空でうなずき合い、三人は降下した。正面の広場に着地すると。
「ミミックモンスターに、これは……。例の失望の怪物、いや、絶望の怪物、か?」
 訳のわからない怪物がウヨウヨとうごめいている。
「じゃあ、掃除しながら、突っ込むぞ!」
 パラディンがそう言って剣を輝かせ、斬り込む。その刃の前に、怪物は消えていく。パラディンが切り開いた道を、ウィズダムとシャーマンは駆け、やがて、宮殿に入った。そこでも、怪物がうごめいていた。
 こちらから攻撃して消滅させていると、奥の方からも何か「力」が現れて、怪物を消滅させているのがわかった。そして。
 パラディンが言った。
「……カーナ・シー・エンパイアの、帝室剣士か?」
 剣士がこちらを見て言った。
「貴様らは?」
 ウィズダムが代表して答える。
「○リキュア」
「○リキュア? 私が知っているのとは違うようだが?」
 シャーマンが答えた。
「昔の○リキュアだから」
「昔の? ……よもや、伝説の○リキュアなどというのではあるまいな?」
 と、笑いかけた剣士だが。
「いや、そのエネルギーレベル、あながちデタラメとも思えんな」
 ウィズダムが言った。
「この状況、どうなっているのか、説明を求めたいわ」
 剣士が言う。
「悪いな、私にもわからぬ。皇帝陛下をお守りするべく、そのお姿をサガしているのだが、ゼツボーグが、邪魔して、思うようにおサガしできぬ。このゼツボーグども、もはや見境なく闇を生んでいるのでな、粛正していたところだ」
 ウィズダムが言った。
「そう。ねえ、手を組まない?」
「手を?」
「私たちは、この闇をなんとかしたい、あなたは皇帝をサガしたい。そのためには、お互い、手を組むのが一番だと思うけど?」
 しばらくおいて、剣士は答えた。
「おぬしたちを信頼して話す。私には、オサキ・マックラー皇帝ではなく、本当にお仕えするべきお方がある。その方をおサガしし、お守りしたいのだ」
 ウィズダムは二人と顔を見合わせる。シャーマンがうなずいて、答えた。
「複雑な事情があるようだけど?」
「そうだ。本当の主(あるじ)を護るためには、カーナ・シー・エンパイアの帝室に忠誠を誓うのが、最も有効なのでな。……正直、ここがこうなってしまっては、皇帝なぞ、もうどうでもよい。我が主をお救い申し上げるのが、私の最優先の大命題だ」
 ウィズダムが二人を見る。うなずいて、パラディンが言った。
「あたしがあんたと同行しよう」
「……本気か?」
「ああ。この状況で語ることに、嘘はないからな。あんたの大切な人、サガそう」
 剣士が威儀を正して言った。
「私はカーナ・シー・エンパイア帝室……。いや、ムーナ・シー・ハイランド、コマンド・ハイランダー、アキラ・メータ」
 パラディンが言った。
「あたしは○ュアパラディン」
「……あの伝説の……!?」
「じゃあ、ウィズダム。あとで必ず追いつく」
「ええ。待ってるわ」
 ウィズダムがうなずいた、その時!
『ゼツボォォォォォォォォォグ!』
 前方と後方の二ヶ所からゼツボーグが一体ずつ現れた。アキラが剣を構えた時。パラディンが刀の鍔を弓に変形させた。すると、柄頭から矢柄がのび、鳥の翼のような矢羽根が現れた。それをつかむと、光る弦が現れる。パラディンが弓につがえた矢を構えた。
「○リキュア、セイント・アロォォォ!」
 パラディンの放った刀身が黄金の輝きを放ち、前方のゼツボーグを金属音とともに貫いたかと思うと、宙で反転し、金属音を響かせて後方のゼツボーグを貫く。
 その「矢」がパラディンの元に戻った瞬間、ゼツボーグが粒子となって、消え去った。
 そしてパラディンは、なにやらあっけにとられているアキラ・メータとともに、別行動に入った。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 127