20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア・しょの6 作者:ジン 竜珠

第3回  
 スクエアミラーのスリットに、ガラス板(?)を挿し込み、エミィは呪文を唱える。すると、地面と平行にしたスクエアミラーから、光が空に向けて照射され、そこに一人の女性の姿が現れた。
「! 女王陛下!」
「え? この人が、ファン・タ・シー・キングダムの女王様?」
 夢華は映し出された女性を見る。美しいのもあるが、どこか神々しささえ感じる。
『エミィ。久しぶりですね』
 柔らかな声で、女王が言う。
「はい! 女王様も、お変わりないようで!」
 弾んだ声で、エミィが言うと、女王がうなずく。その時。
『あら? そちらの女の子は?』
 どういう仕組みかわからないが、向こうから夢華の姿が見えているようだ。エミィが振り返り、そして、再び女王の方に向く。
「女王様、彼女の名前は岸夢華(きし ゆめか)、○リキュアの一人です!」
『…………………………え?』
 誇らしげに言ったエミィに対し、女王が首を傾げる。そして言った。
『エミィ、あなた、今なんて?』
「ですから、彼女が伝説の戦士、○リキュアの一人なんです! 女王様がサガせと、お命じになられた、あの○リキュアです!」
『…………………………エミィ、あなた、何を言っているの? 私(わたくし)は、伝説の戦士である○リキュアをサガしなさい、と言ったのですよ?』
 困惑した表情で、女王が言った。
 確かにそうだろう。伝説の戦士、とか言いながら、夢華はまだ十四歳。女王が疑問に思うのも無理はない。なので。
「え〜。女王様、これを見てください」
 そう言って、夢華はスクエアミラーを出し、変身する。
『……それは、ホープ・ジュエル……! 一体、どういうことなの?』
 かえって、混乱したようだ。どうも、女王からすれば、夢華のような子どもが伝説の戦士というのが、どうにも信じられないらしい。
「あの、女王様。実は、私も、○リキュアなんです……」
 エミィは自身のホープ・ジュエル、ブルー・アクアマリンを見せる。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 38