20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:ファンタシーサガ ○リキュア 作者:ジン 竜珠

最終回  
 ウッキューが手にしたクリスタルに、ゼツボーグから解放された希望の星が宿る。そして、その涙滴が、ウッキューの手を離れ、ふわふわと宙を漂い、うつろな表情でへたり込んでいる女性の頭の上に行った。直後! 球から光が涙滴に滴って涙滴の中に光が満ちる。そして涙滴がグルリン!と百八十度向きを変えた。その形状は、まさにエクスクラメーションマーク(!……びっくりマークである)。そのエクスクラメーションマークが光を放った瞬間、女性が目を見開き、そして立ち上がった。
「……そうよ、そうなのよ! 確かに、あの味は私の目標! でも、今すぐに再現できないのはわかってた! だったら、今は、私にできる最高のことをやらなきゃ! 今の私の『最高』を追求しないと、師匠に追いつけない! 私を信用してくれるみんなに、顔向けできないわ!」
 よくわからないが、希望を取り戻したらしい。女性は駆けて行った。
 その背を見ながら、変身を解いた夢華は言った。
「ねえ、エミィ。さっきアイ・スクリームが言ってたことって……」
 エミィがうなずいた。
「うん。ホープ・ジュエル七つの力を合わせると、失われた何かを復活させることができるっていうのは、聞いたことがある」
「そう……」
 四人は、アイ・スクリーム、コードック、クーキョンの悲しみを知ったのだ。彼女たちにも、哀しい訳があったのだ。
 友希が言った。
「でも、だからといって、私たちの世界やファン・タ・シー・キングダムを犠牲にするのは間違ってる」
 うなずきながら、愛望も言った。
「そうですね。そんなすごい力を持つホープ・ジュエルですもの、きっと、みんなが笑顔になれる、そんな方法があるはずよ」
 夢華が笑顔になった。
「そう! きっと、そう! 夢見る力は無限大なんだもん! みんなが笑顔になれる方法を、サガそう、オー!」
 夢華が右の拳を空に向けて突き上げた。

 そして、日曜日。四人はイベントに参加した。その結果は。
 夢華以外の三人は「当分、おやつには困らない」と、そのスイーツ店のテイクアウトの箱を持って、店を出た。そして夢華は。
「……ぢょ、ぢょっと待っで、みんなぁ……。肩、貸じで……」
 エミィが言った。
「あのチケット、一ヶ月なんだって、有効期間」
 友希が言う。
「よかったですね、先輩」
「……あと一年は見たくないかな、スイーツ……」
 翌日から、朝早くランニングをする夢華の姿が見られたという。「見たくないもの」に、「体重計の表示」も加わったらしい。


(ファンタシーサガ ○リキュア・了)


あとがき

 読了いただいた皆様、ありがとうございました。
 重ね重ね、申し訳ない! あと、多分、本家○リキュアの彼女たちは、剣とか弓矢とか、直接的な「武器」は手にしないような気がするんだけれども、そのあたりもご容赦!

 さて。
 ネタバレなどを、順不同で。

・「五人目」は名前だけ出てきた「オードリー」こと、鳳祈璃。対応するホープ・ジュエルはイエロー・トパーズ、髪色はトパーズイエロー。アイテムはチョーカー。変身後は「○ュアダンサー」で名乗りの口上は「夢をたたえるステップ、○ュアダンサー」。直接的な攻撃とかじゃなく、有利なバトルフィールドを作ったりするエンチャントレス。
・「希望の星」を探すのは、エミィだけじゃなく、全員できます。
・残る二つのホープ・ジュエルは、ふたつとも、夢の木市にあります。インディゴ・サファイヤは、この街の一番高い山の頂上、バイオレット・アメジストは、夢の木中学校の敷地の地下深くにあります。
・およそ見当がおつきと思いますが、行方不明のプリンセスはウッキュー。カーナ・シー・エンパイアによる襲撃時、最大級の防御魔法が発動したんだけど、ホープ・ジュエルが散らばったせいで力場が乱れ、防御魔法が暴走、ドラゴンパピィに姿が変わり、記憶も失いました。、元の姿に戻るのは、三クール目の終盤か第四十話ぐらい(笑)。
・パワーアップ変身の際は、ホープ・ジュエルの片翼が双翼になります。
・ゼツボーグのパワーアップ形態は「ゼツボーグ・アルノミー」。パワーアップアイテムは、アルケミー(錬金術)で生成した「愚か者の石」。これを取り込ませることで、パワーアップ。これの登場が、第三十話ぐらい(苦笑)。なのでパワーアップ変身は三十一話目ぐらい。
・メインキャラなんかの名前は、ウッキュー以外、それなりに意味があります。いちいち書きません。考えてみてね。
・パワーアップ変身の鍵は、実は袋とじになって……ません(笑)! 男性週刊誌じゃないっちゅうねん!!
・似姿にパーツをかぶせる、というスタイルなので、実は「翼の生えたサンダルのページ」とか、「メチャメチャごつい右腕のページ」とかをかぶせてコスチューム(=使える能力)の換装ができる、という設定になってます。
・カーナ・シー・エンパイアには「ブラック・ダイヤモンド」があって、そのせいでアイ・スクリームたちの故郷が……。
・七つのホープ・ジュエルの光が合わさると生まれるのが「レインボー・ダイヤモンド」で、その力は……。
・ひもとかゼリーを解除するのは、最初、アリを考えていたけど、絵面を想像すると「ちょっとね……」ということで。
・明確な描写はしてませんが、イメージとして、○リキュア側はファンタジー世界、カーナ・シー・エンパイアの側は科学寄り。
・ちなみに、コードックはサービ・シー・ランドの王子、クーキョンはムーナ・シー・ハイランドの自治領主の娘、アイ・スクリームはクール・シー・アイランドを治めるスクリーム一族の長老の孫娘で、巫女さん。
・カーナ・シー・エンパイア皇帝……オサキ・マックラー・カーナ・シー、皇妃……テーヅ・マリー・カーナ・シー、皇女……ティア・ドロップ・カーナ・シー。
・ファン・タ・シーとかマーブ・シー、カーナ・シー、サービ・シー、ムーナ・シー、クール・シーの「シー」は、ゲール語の「si(または「siog」)」……「妖精」を意味する言葉です(そういう意味にも、ひっかけてあります)。
・書くほどのことでもないけど。高空から見ると虹は円環をなしているそうです(普通に見えているのは、その半円部分)。色相は、外側から赤橙黄緑青藍紫。中に「大事なもの」がある、とイメージして。一番外の「赤(ルビー・レッド=キュアナイト)」が剣、その一個内側の「橙(アンバー・オレンジ=キュアアーチャー)」が後方支援で中距離攻撃の弓、その一個内側「黄(トパーズ・イエロー=キュアダンサー)」が二人の攻撃力・防御力を上げるエンチャントレス、その一個内側「緑(エメラルド・グリーン=キュアクレリック)」が、外三人の回復、一個内側の「青(ブルー・アクアマリン(キュアウィッカ)」が、魔法による超長距離攻撃および防御(発動に時間がかかるので、剣などに護られながらチャージ、で、一番内側)。こういう図式にもなっています。スピリチュアルでいうチャクラの色と、上下を逆にして(本作では上から順=髪飾りからサークレット、という風=にして)、私のささやかな抵抗心を描いてもいます(苦笑)。


 以上。


 実は「ヒープ○」ネタにしようかと思ったけど、二次創作なので自主却下。それ以前に思いつかなかったので。なお、「まえがき」の「ある方」から「勧められた」のは「○リキュア書け」。伏せ字の○なんですけど。その方から「ロリキュア?」と聞かれました。確かに私、カタカナの「ロ」を「○」に置き換えたことがあるけど。……「ロリ」ちゃうわ(苦笑)!


← 前の回  ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 143