20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:Empire of the 'Sun' 作者:高木紀久

最終回   1
戦闘技術
*AGRとDEXを足したもの.STRのみ
STRに対する防御→STR+AGR対AGR+DEX(B.DEX.バトルデックス)勝てばダメージは無く、負ければ、ダメージは全く変減しない。
*STRの修正値はダメージのプラスになるが、B.DEXの修正値はダメージの足しにはならない。

*バトル・デックスを使用する者には高いDEXと高いAGRが備わっていなくてはならない。
@どちらかが10以下の場合,急所等の当たり難い部分への攻撃(一箇所への狙いうち)ができない。
A通常攻撃の際,どちらかが低いと,DEX,AGRを個別に相手の能力(DEX,AGR,STR) とひとしい値と戦わせ両方ともかたなければ、そのラウンドで、相手と戦えるだけのDEX,AGRを発揮できなかったとして、攻撃に失敗する。
B一方が勝ち一方が敗けた場合、防御側が攻撃を防いだことになる。
CDEX,AGRが13以上あれば、優れていると言える。
D一ヵ所攻撃は,相手のAGR,DEXを破って、尚、DEXのみで、狙う箇所への命中判定を行わねばならない。
EAGR,DEX13以上の者対一方が13以下の者.(13以上の者の一ヵ所攻撃)例として5%以下の部分.ひくい方に勝った差(差1で5%,例として差6=30%)を,その5%に足す。(35%以下)更にDEXの修正値(別+2=20%)を35%に足す。(55%以下) 相手がこの確率をひくくするには、AGR,DEXを別個に用いなくてはならない。(AGR+3=80%,DEX−1=10%,計20%)狙った部分にあたる確率35%.しかし、もし、その部分に命中しなかったとしても、通常ダメージは与えられる。

十二星術(土,木,火,金,水,地,月,陽,海,天,冥?)土星.L.3(10)土星を出現させる。(M.P3)この場合、土星(土)は生命と金属の二つを表す。
@ 金属や土に生命を与える。M.P.3.1mのゴーレム.3×2までつくれる。LEVELが3だからゴーレムにつかうMPが3だというわけではない。
A 肉体の老朽化(衛星を一つつかう。衛星を再びつくるにはM.P1消費。M.P3.その肉体は朽ちる。)
B 土星護方陣(L.3なので3方向をしか守れない。M.P3.12個のダイスをふって、3以下なら破れない。護壁にかかった場合、ViT(2)とCON(金)の双方の値と護壁の値(3×3)をたたかわせて勝たないと、滅び勝って、中へ侵入しても壁によって多大のダメージを被る。無理につき破らず退けばダメージはない。『土星の十二方陣』という道具が必要。)

水星@『水の剣』という術を会得している。
@ (1)毒の剣(1R1〜5ダメージ.団体としてのダメージは、10+6D1((L.5=14+6D1/8D1)))
(2)霧の剣(霧の迷路.五感は全く役に立たない。PSYをつかう。失敗する度、PSYロール6D3.SAN−4.霧獣をつくる。L1.につき1mの獣をつくれる。4D1ダメージ)

(3)雹の剣 水の要素の一つである『雲』(気象)と関わる,剣を「雲」として使用し、雹をうつ。レベルによって、雹を大きくしたり、形を変えたりできる。(それによってダメージが大きくなる。L.5=10+4D1.ダメージ)『雲』には他に、雷の剣,などがある。

A 液体としての水に変化する。超自然の水をきれる水。(水の剣等)や、火、油によってダメージを与えられる。

@ M.P5.@(2)M.(P5.)M.P1匹1.5×2匹までつくれる。@M.P1〜5.
A MP3
レベル5.(14)

地星(地球)土も木も金も含めた大地である。
@ 癒す。M.P3.H.P5.(癒しの石により+3)   A生命力の爆発的な解放. 生命力とは、プラーナとか呼ばれるものである。50ポイントある。4M.Pで1ポイント放出(3ダメージ)無生物には効かず、アンデッドには、2倍のダメージ。(術を助ける青銅の腕×2により、破壊力を高める。+2)
B大地の盾,呪文や紋様の刻まれた白い大理石の盾を、使う。M.P3。盾を中心に、アース・エネルギーによって構成された、不可視の壁が、円く、出来上がる。(C.C3(物理攻撃はうけない。)C.P30)
C灼土獣(溶岩獣)物理攻撃(大抵は無効.(M.P3)C.C3 H.P15.ダメージ15+6D1.)
キャラクターが形を与えられるが、攻撃器官は一つだけ。正体は召喚された地霊で溶岩のボディをあたえられているのだ。L.3からこの術は使える。(赤い金属でできた、召喚の道具が必要((P.Cは赤銅の呪符))レベル.3(10))
太陽@太陽の手.M.P4,ダメージ.12+4D1,(超自然の邪悪な者にのみ有効)ディスペル12(レベル4だから)+2.
A光冠(コロナ)を身につける.M.P4.40ダメージ.C.C4.C.P40(闇等によって破れる,)レベル値(12)対14.失敗=コロナに隙が生じる。(1〜3,80%,4〜6,60%,7〜9,40%,10〜12,20%)
B陽光炎舞(プロミネンス)M.P4,四本の炎の触手をつくりだす。40ダメージ.

Cホリィ・サン・ラスター.M.P4.闇をはらうための聖なる陽光.ダメージ,20+6D1.+ディスペル12+6.力を付与した、太陽のシンボルが必要。(P.Cは、太陽の形をした,黄金のメダルを持つ.)

冥皇星.死を司どる星。@死の輝き.M.P3.「死の輝き」を見た者は、その力に、対抗し、勝たないかぎり、「輝き」に命を奪われる。値=10+2.(ただし、3人まで)
A「冥皇鎌」の型,M.P3,両手で、鎌の形(型)をつくり、スペルを唱える。
死神のふるう鎌と同様、肉体と魂を分離できる。物理PSY対10+4(失敗= )
Bアンデッド・モンスターの創造,支社に仮の生命をあたえ、邪悪な力をあたえる。
疑似生命を与える。(M.P13,ゴーレム同様,レベルが3以外でも,このポイントは変わらない。)
肉体の修復(M.P12).毒(L1,M.P1,で、毎R1ポイントずつ奪う。)麻痺(L1.M.P1.で1R有効.ViT対自分のレベルの値)肉体の増強(M.P3.レベルの数だけ与えられる。)デミ・パーソナリティの付与(M.P2)
C「吸魂の壺」の型(ポーズ)M.P3,型をとり、呪文をとなえて喚起された「壺」は魂を吸引するが、その魂は「壺」に封印されたのではなく、やがては次の世代の次なる肉体に宿る。
{版下〜}PSY対レベル値+{〜版下}

紫霧縦横路.L.3.M.P5.精神を使って脱出を試みる者に,SANアタックを仕掛ける。
PSY対6.敗→PSY対6.(2≀3)4回PSYを使って,1回も勝てなかったらもう1回PSYを使用,PSY対9.敗→気を失う,(SAN−9)
1.頭のてっぺんの矢じり状の器官でヒラヒラと空中を泳ぐことができる。@全身をきりのように回転させながら突っ込む。(C.C8.スピード13.ダメージ10.((対PC.CON)))A肢の先端は、ひし形にひろがっていて,ここから生気を吸収する。(−4D1.奪われた、ポイントは、イカの通常H.Pに加算される。((プラーナ・ポイントは通常H.Pの3倍の質)))B殴る.(ダメージ4D1+2((STR14のため)))AGR10.DEX9.=B.DEX19(+6)STR14.C.C9.H.P20,35.Cくちばし.ダメージ2+6D1+2  Dすみ.2P(目くらまし. PSY対6D3.逃げるのが良策,)
(PSY対9.6+4D1≀8+6D1)25%,60% エクトプラズムの体を保つためのエネルギー20
2. 矛は異妖な凍気を発しながら黒く輝いている。通常のダメージ(13+6D1)+STR(2((1)).)+火傷.3}AGR10+STR13対P.Cバトル・デックスで勝てばつかまえられる。が、矛の柄をつかむので火傷(D3)(つかむのは難しいB.DEX−3.又、はじく場合、火傷でH.P−1)H.P15
15%.
3.(PSY対12.9+6D1≀11+6D1)怪物の楯には蛸と人の輪郭と、細長い翼と鉤爪のある獣をミックスしたような奇怪な水神が描かれている。@STR16(+3)ダメージ13+6D1Aこの楯に触れると火や熱は力を失ってしまうらしく、レイ・アローは全く歯が立たない。B海ヘビのしっぽで絡みつく,(DEX8,AGR10対P.C B DEX 4D1+3→+2→+4→+8)STR16.DEX8.AGR10.CON14(+2)H.P30.エネルギー25.
盾の強さ16エネルギー6消費 P.CのPSYと戦いかてば“レイ・アロー”をはじき返せる。

4.十本の足は平たい剣のような形で吸盤は全くない。@(ダメージ13+6D1)  A胴体にある口から灰色に輝く霧が吐き出されてくる。4P(酸.ダメージ4D1→頭,足,手,胴,いずれも,4+4D1.)B全ての足を 10P まっすぐに伸して,旋回しながら突っ込んでいく。(スピード13(10P).ダメージ10    PSY対3.WiZ対12→打開策を発見→真下にもぐり込む→AGR対スピード13.→勝ち、ダメージ)(PSY対10.7+4D1≀9+6D1)
AGR10.DEX10.STR9.C.C3.H.P30.エネルギー15

5.(PSY対9.4+4D1.≀6+6D1)DEX10.AGR10.STR17.(+4)C.C6CON+2.H.P15.
@強力なアゴ.(ダメージ6+6D1+4.STRで勝たなければ、離れない。((ただしB.DEXでP. Cに勝たないかぎり、この攻撃は成功しない。)))

現在キャラクターはレマ市のホテルにいる。ヘリは市のはずれのコンクリートのしきちの上に着けてきていた。
ステージ1.レマ国立図書館.  全体を鏡で覆った巨大な建物である。 (ここでは勿論情報を得られる。)この図書館の中にアステカやマヤやインカについて記された書物は多いが彼らが入った部屋は特にインカやマヤについて詳細な書物が多く,彼らが最も知りたがっている、アステカについて記された本は少なかった。
情報,(当然本を読んで得る,故に観察力が必要である)
@観察力対7,太陽神の涙というタイトルの本,その中の一つ.スペイン人探険家の手記、(いつのものか分からない.)秘密の神殿における両性具有の神の存在.この神の涙は太陽と月の形を結んだ。この神が表裏陰陽の性質を持つ証拠だ。
A対10,太陽神の血,月神の血.→“神々の血”(スカーレット・ムーン)について,神々からのおくり物とされている。様々な魔力を発揮し、人を獣に化えるとされている。記手は麻薬の一種と考えている。これを記したのは異種族の人間で、このアステカで宮廷医にまでなった,ラクルナーという人物である。
B対10.神々の血によってつくられた道具

C対10.アズテックの呪術師について,五人からなる五、六のグループにわかれていてそれぞれ特に専性的に奉仕している神がある。



が回転し、一人の少年が現れ、キャラクターたちを導く。そして、その先には、

登上キャラクターその一,図書館館長ダラマス=グラッド,白い法衣をまとっており、大きな太陽暦を記した石板の向こう側に立っている。
プロフィール=彼は“神々の血”を探求する者だった。が,図書館の管理者となり,「血」を調査し始めると、突然、彼と彼の家族が正体不明の病魔におそわれる。しかし彼だけは病に倒れなかった。
彼はそれがある者から渡された護符のためだといっている。さらには彼は家族をおそった病がアステカの疫鬼使いが使ったものと同じ疫病であると考えていた。

{版下〜}
ダラマスからキャラクターに渡される道具
清めの竿,護符,クシュ―=テクトリの円,銀のペン,石邪笛
聖火の火鉢,聖眼,清めの粉,破魔符
{〜版下}

DEXロール(6D+3)黒い水の中にとび込んだ。 巨大な{切り抜き}て周りに人骨がころがっている。その穴の中から「人魚」が出てくる。{切り抜き}につらぬかれている。(観察力ロール.6D3)1つ何も出てこなかった穴が{切り抜き}
腕輪=敵はひるむ。戦士がたちまち一人を斬り伏せた。敵PST(6)(6D3ロール)穴にすべり込んだ。中はせまく、長い。ついにはほふく前進しなければならなかった。(ViT+STR対18,12D1/10D1+8D1.)
小さな部屋になっている。壁や天井に光っている発光石のおかげでぼんやりと明るい。部屋の中央に大きな円い石のテーブルがある。よく見ればそれは陽暦板であった。
「私はケツァル=コワトル・ラー」どこからか声がした。発光石の一つから、影のようなものがにじみ出てくる。
{消されている〜}{読めない}は私の影だ私は今,この影とはなれ陽暦板と合体している,{〜消されている}
「ここは水の神トラロックの領域だ。そして,この上は各泉への通行路となっているのだ。」
「今新生アステカ帝国の未来を占っておった。彼らの滅亡はこの地球の滅亡よりも早かった。見よ!」
「蛇も魚もジャガーも大地も、っして主たる太陽すらもが死んでいる」しかしP.Cが板を見ても何も分からなかった。「しかし彼らが死ぬわけではない。神々が死ぬのではないのだ。死ぬのはその司祭たちであり、帝国だけなのだ。」
{消されている}
「主のいうことがきけぬというのか。来い,来てくれ,頼む,お願いだ。」
「私の力を甘く見るなよ。お前は私の,絶大なる力によって必ずや,わがもと,へ,やって来るだろう。かならずな!」
何故か行き交う人々はキャラクターたちの前に現れた,怪人に気付いていないようである。
彼によれば,精神的なバリヤーだそうだ.
精神的バリヤー.この障壁{“バリヤー”が消されて“障壁”になっている}の外にいる人間は,障壁{“バリヤー”が消されて“障壁”になっている}を無意識にさけてしまう。また,その中で何がおこっていようと,全く関心をもつことはできない。バリヤーがそうさせるのである.

闇は消え,未知の扉が現れた。その向こうには.異様な光景が広がった (SAN−50D1,100D1,PSY対18C一八)眼下に広大な地上が拡がっていた.真黒い大地で,巨大な一枚の金属の板で出来ているようだった.そしてその大地にはいくつもの八角形や10角形のたくさんの角を持つ,人工的な湖が無数に存在していた,そしてさらに.黒い建物群が見える.建物はいづれも,歪んだりひずんだりしており,その真ん中に四肢をもたぬ蛙のような巨像が起っているのをしった.(PSYロール)(6D3,E=6)頭上に敵を発見した.
黒い円盤から触手や間節肢や.ハサミのついた,太い器管等がたれ下がっている.
{版下〜}DEX12A4D2ダメージBDEX9.      SAN−6D1/6D1+2, 14対Psi,8D1/8D1+2,{〜版下}

@邪悪な魔霊を封じ込めた箱なればとくのは賢明でない.が、その封印も今や内側からの悪しき力の前に破られようとしている.
青い針,(SANをいやす.)(その針先を天に向け、空飛ぶヘビ((ケツァル=コアトル))を思い浮かべる.SAN+6D1)×6.
青い車輪(車輪にのって地をかける自分を想像する,イメージ対10((イメージ−2))車輪と1体になってしっそうする.邪悪な者を滅ぼす,(L10.H.P60,))

ステージ4.「クスコの入り口」そのニ.
ドゥーラーザム.
地面から,白い盃が突き出ている,DEX+STR+CON対27,→底は深く,5mはありそうだった,(PSiロール.12,SAN8D1/(8D1+2,錯乱))天上が真暗だった,そして星々が,またたいているのが見える.
そこに小さな穴が開いている,ゴウゴウという音が聞こえてくる,(イメージ・ロール6D3.E=6)暗闇をおちていった.すさまじい奔流に呑まれる.(CON+ViTロール.((18))×2,PSiロール((10))×2.((SAN−6D1)))
足を何かがつかまえた,(SAN1),骨の手だった(SAN−6D1)STR6.(CON+ViT対8)
前方にこういうものが現れた,中は真暗だった,やがて流れはゆるやかになり岸に着いた,
そこは広く何もないホールだった,キャラクターたちの前に銀色のローブをまとい,銀の蛇の杖をついた,老人がたっていた.「何故ここに来たのか?」老人が問うた.(戦闘の場数+情報((□))が8あれば良い)16%.
「先,邪悪なる者を討つワザをあたえよう,」(体の各部分から清めの力を発揮)◇(SAN−4.ダメージ4D1)
「私の名はノスカマック.アステカ出身の太陽浄術師だ」この町についての情報をもたらしてくれる,
広場には7つの「超自然の産物」があり.どれ一つとっても危険に満ちている.
そのうち三つは異世界への入口であり.四つはあるいは役に立つかもしれない,
@闇の中に一条の光が走っている図がえがかれた建物.三叉矛の矛先のマークをどうにかすればよい,そここそは人魚の巣である,
A砂時計の柱を左右にたてた暗い入口をもつ.家.砂時計をどうにかすれば良いが,これを破壊してはならない.
B全員がとってを引かなければならない,さもなくばとってをひいtw者のみが,扉の向こうにひきずり込まれ二度と帰ってはこれないかもしれない

資料集.
野獣の日,(「クトゥルフの呼び声」シリーズ)
キャンペーン・タイトル.(髑羅.オリジナル)神々の血

ペルーにて,プレイヤー・キャラクター名=リチャード・ビッツウェイ(アメリカ.グループのリーダー)安部(日本)週雷峰(中国)他二人,

キャラクターの行動内容,ペルーの中央レマのホテルに到着,(1日目)国立図書館(最重要).で調べ物.大した情報を得られず出る,ホテルをあとにする,謎の占い師に遭遇する.
占い師は“紅月”という名を口にする,

レマ市国立図書館(最重要)全体が鏡に覆われた巨大な建物

レマ市からクスコへ.
習日すぐにホテルを出て.行動を開始.「妖書の道」を調査.

占い師の道具,陽歴板,

場面二,クスコの入り口,
ステージ1,「妖書の道」
「クスコの入り口」の「名所」(かならずしも通常の,ものと同一ではない)の一つ、この長い道の両側には、奇怪な本屋が50ずつ並んでいる,

㉒聖水,(16,6D2+6.4D2+4.((L8以下の者を殺す,))重さ1.体積1,のかんに2回分入っている,DEX6D3.)

㉓聖符,(1,1,四つの角に,聖天使が彫られ.真ん中にエホバを表す十字架を彫った銀製の護符L24.8D3+10.ダメージ.)

㉔陽暦板,(3.1.メキシコで入手,占術板.転変や身の周りの変転をみるためのもの.いろいろな型があるが、P.Cが持っているものは、重要な, 4つの神を四つの方角に置き,(北,テスカトレウォカ.南コアトルクェー,東,ケツァルコアトル,西,トラロック,)その他いくつかの神々がその間に位置しているというものである(その他→クシュ―=テクトリ,トラル=テクトリ,タルトゥトルクェー ほか.)
使用法→アステカ語で四つの神々と、石板の中央にその座を占める,太陽神,ウィティアルフォクトルをたたえ,神からの啓示を求める,)
テスカトリポカ=ジャガー,闘神,破壊を司る. コアトルクェー,=黒い樹,豊穣の女神. アステカ神話中,最も邪悪なテスカトリポカ同様,血を好み 多大な犠牲の見返りに豊作を約束する. ケツァルコアトル,=蛇神.秩序と文明をあらわす. アステカ中. 随一の悪神テスカトリポカとは全面的に対立する,姿は翼を持つ蛇,トラロック.=地球上に存在しない生き物によって示される,水神,


㉕









{版下〜}
ドゥネラ・カ・ン・プトス
{〜版下}

2,3,4,1,3,2,2,3,4,1,1{最後の1は消えかかっている。}   ツォラミア
FSAN−8D1,顔を太陽神の仮面で覆った男が現れる. 「何のために使う.」「太陽神に敵対する者か」Y/N
N▶「ならば神々に代わってお前たちの魂を浄めてやろう」Y▷「ついて来るがいい,」M.P15−7=8,オオワシがあらわれる,「太陽神だ..」男はワシの前にひれふすようP、Cたち言って自分もそのまえにひれふした,攻撃→「ぬうううう,貴様ら太陽神に仕えているのではなかったのか!?」くさった肉が飛び散った.男と衣服と身体がみるみる,朽ちていく,そしてそこには一個の人体の変わり果てた「もの」の山と,そして不気味にも輝く太陽の仮面が残された.ワシが鳴くと同時にマスクをつけたかつては人間だった塊がP、Cめがけてすべってきた,
「太陽の仮面」H、P5. 聖なる物への防御,10,12,舌による吸血.(6D1+1.血+2)倒されると.マスクはちりと化し,その「身体」も動かなくなる.
G黄金製の本があり読める, (見ることができる,)神々に犠牲を捧げている図や 神々の恐ろしい姿が描かれている,(PSiロール20D1.4D1/6D1(ページ数で変わる))
紅玉製の本 より凄愴.(  {消されている。}20D1,6D1/8D1,)ルビーのジャガーを見た時(30ページ目)PSiロール.16.8D1/10D1.イマジネイション・ロール,6D3,(E=8)そのジャガーが闇の化身,テスカトリポカであり,この像が通常の武器で破壊できないのを知る.
銀の本.わけのわからぬアステカ語で書かれており,当然文字は読めない,30ページ目の絵を理解することはできる.それは“大いなる翼の蛇”ケツァル=コアトゥルだった,キャラクターたちの{?}から気が抜け,かわりに自信に満ちてくる,(SAN+8D2+5,)テレパシーが届く.「ワタシはテオティワカンのケツァル=コワトル,ワレワレ,テオティワカンの神々はあのアステカの宗教に取り入れられて邪神となってしまった,汝らが{?}ある者たちであるならば邪神と化した我々を救ってほしい何故ならアステカのシャーマンたちとその神々はまだ,滅んでいないからだ,アズテック達は,{邪悪な私や私の同胞{傍点あり}}とそれに,かの四魔神と供に,新生帝国の版図を拡張しているのだ.ここクスコも彼らの手に落ちたのだ.彼らの侵攻を食い止めてほしい.」主人は絹の袋を買ってほしいといっている,つかい方わからず,(100ドル)
H2人の主人がいる,「君たちには我々のコマになってもらう,我々を楽しませてくれたら{?}してやろう, 」足が床から伸びた手によってとらえられている,→地下へ
△1部屋には五つのゲートがあった   (1)中から出てきたのは黒曜石の短剣だ,🗡魔力により防護されている,
7,8D1+2,入手できるアイテム,指輪    (プロテクション8,)
(2)美しい紫色のローブ.宙に浮いておりそのフードの中は暗闇である,そして,その周りを4つのドクロが回っている.(SAN−8D1/10D1)紫色の衣▷魔法により守られており,攻撃を交わす(N{ルビ…−ヌル,}⇝ムダM{ルビ…マジック}⇝10,ドクロを一つ落とすと2点下がる,)
H、P30.レベル20.40%以下エネルギー・ドレイン(8D1.3) ドクロ.AGR14.腐っている,ダメージは8D1,エネルギー吸収10%以下6D1.1.(全エネルギーの行き先は法衣だ.)入手アイテム.帯(金や宝石で飾られたベルト.A.C(特殊)5.ダメージ.8D1+2,)
(5)輪が現れた.リングは何種類もの色が混ざり合ったグロテスクなもようをしている,
その輪の中に輪事態と同じ色をもつ.空間が生じた,輪の中から糸が伸びる.(糸,LEVEL8,エネルギードレイン.2ポイント)×4.色の奥部.L18.H、P40.    入手アイテム,冠,(銀製,2つの白銅の杖の真中に大きなサファイアがはめられている,    A.C((特殊))15.ダメージ10D2+6.白銅のつえ×2.(SAN−10)ダメージ6D1+1.サファイア.((−30))D1.LEVEL25.ダメージ20D1+10D1+4D1+4.  技術を持つ 手のひらから攻撃のための、エナジーを放つ.((SAN−4))ダメージ4D1)
{版下〜}太陽{?}PSi=14.8D1/4D1+2,黒曜石の短剣(M.P20AGR12)レイスRGFロール,6D3,(6D1/6D2)4、1獣人(6D1+4)ミイラ化(6D1){〜版下}


■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 29