20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:一日の黄昏 作者:西見せき

第4回   4
2018年12月10日 月曜日



▽人間の良いところは脇道に逸れるところ



 笹舟を作る君が吹く笹笛の青々しさ



▽知りたい気持ちと知りたくない気持ちの両方を持つ心の得体の知れなさ



 弁当箱包みを解く君の傾げく眼差しひとつふたつと我知らぬ雫が落つる



与太話 瓜二つの姉妹



 瓜二つの姉妹が居りました。双子ではありません。どちらも可愛らしい娘で皆に愛されていました。この娘たちの両親は長らく子供に恵まれなかったのですが、子宝に恵まれる鏡というものを手に入れてから間もなくしてこの娘たちを授かったのです。姉妹はどちらかが笑えば、同じくして笑い、どちらかが泣けば、やはり同じくして泣くのでした。病気になれば同じように病気になる。ドキドキとすれば同じようにドキドキとする。時折、姉妹は互いに向かい合い深い祈りに入るのですが、その時に限って姉だけが妹を慈しむように頭を撫でるのは二人だけの秘密なのです。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 167