20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:アナザー・デイズ 1977 作者:杉内健二

第1回   序章 〜 1 2018年 5月20日
 1 2018年 5月20日
                  

「くそっ! だるい……学校、やめた!」
最初、素直にそう思った。
眩しい光を感じて、タオルケットを顔まで引っ張り上げる。そうしてすぐに、なんとも言えないダルさ≠覚えて、彼はさっさとそう決め込んだ。 
ほんの一瞬、風邪なのか? 
そんなことを思ったが、すぐにもっとおかしなことに気が付いた。
――あれ? 俺って、ベッドに寝てない?
いつものベッドの感じじゃなかった。
慌てて右腕を伸ばしてみると、
――え? これって畳? どうしてここに畳があるんだ? 
そう思うと同時にタオルケットを跳ね除けて、彼は一気に飛び起きた。
身体を起こして辺りを見れば、やはりベッドには寝ておらず、畳の上にせんべい布団が敷かれている。タオルケットと思っていたのも、色の抜け落ちた……なんとも安っぽいバスタオルだった。
さらに驚くことに、そこはどう見たって自分の部屋じゃない。見事に見たこともない空間で、彼は慌てて立ち上がるのだ。
その瞬間、グランと身体が大きく揺れて、思わず壁に手をついた。
その手を見つめて、
――嘘!
彼はそこで初めて、自分に起きている異常を知った。
たった十七年しか生きちゃいない。だからシワなんてそうないし、手の甲だって綺麗なもんだった。
それが今、目にしているその手はしわくちゃ≠ナ、まるで年老いてしまった高齢者のようだ。
  ――鏡はどこだ? どこにある? 
  続いてそう思った時だった。どこからか、聴き慣れない電子音が鳴り響いた。音のする方に目をやると、枕元に置かれた黒い何かが光を放ちながら鳴っている。
大きさで言えば、ハンディサイズの手帳ってところだ。
恐る恐る手にしてみれば、思った以上にずっしりと重い。
目覚まし時計かな? などと思って裏っ側を見ようとした時、思わず指を滑らせた。
あっと思った時には畳に落ちて、それはパタンとひっくり返る……と、同時にだった。
「翔太さん、吉崎です! 大丈夫ですか?」
――翔太さん?
「翔太さん! どうしたんです? もうとっくに時間、過ぎちゃってますよ!」
――翔太さんって、誰だよ! てか、これっていったいなに!?
見れば、裏っ側ぜんぶが明るくなって、そこから声が響くのだ。
「なんとか言ってくださいよ! 具合悪いんですか? 大丈夫ですか!?」
  その後もなんだかんだと言葉が続いて、「また電話しますから」というのを最後にプツッと途切れる。
「また電話しますから」
となれば、これはかなりちっちゃな電話だってことだろう。
映画なんかで出てくる無線機を思えば、こんな形があったって不思議じゃないが……。
しかし、そんなことよりだ!
 ――翔太って、いったい誰だよ!
 間違いなく自分は翔太≠カゃないし、しわくちゃになってしまったこの手はいったい……なんなのか?
  ――とにかく、次に何か起きる前に、ここから出よう! 
そう決めて、正面に見える玄関らしい空間目指して向かっていった。
すると、そこへと続く短い廊下の片側に、薄汚れた扉があるのに気が付いた。
トイレか? そんなふうに思った途端、彼は下腹部の痛みを初めて知った。
驚きの連続のせいで、今の今まで気付かずにいたが、まさに限界、はち切れそうな圧迫感だ。
ここで寝ていたってことからすれば、トイレを借りたくらいじゃ怒られまい。即行そう決めつけて、彼は慌てて扉の取っ手を掴むのだ。
ところがいくら引いても扉が開かない。 
なんだよ! どうして開かないんだよ!! なんて気持ちのままガチャガチャ揺すると、「ガリ」という音と一緒に扉が少しだけ奥に動いた。
――なんだよ、押すんかい……。
  慌てて扉を押し開き、すぐに息をするのも忘れてしまった。
トイレ正面に、これまた古ぼけた鏡があった。
そこに映っていたのは十七歳の自分ではなくて、
「お前、誰……?」
  思わず言葉になったその声も、シワがれるだけシワがれて、どう考えたって自分じゃない。さらに鏡に映っているのは、どうひいき目に見たって年寄りだ。ランニングシャツにパンツ姿で、シワだらけの顔がポカンと口を開けている。
「おい、どうなってんだよ……」
  思わずそう呟くと、鏡越しの口も小さく動き、そのままグニャッと一気に歪んだ。


次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 93