20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:同じ日を繰り返す人々 作者:森本晃次

第7回   「同じ日」と「毎日」−4
「どうして、会えると思ったんですか?」
「ただの勘のようなものだけど、バイオリズムの周期が元に戻ったというところかな? 俺のバイオリズムは時々不規則になることがあるからね」
 横溝を見ていると、何かを隠しているように思えてならない。
――一体何なのだろう?
「オサム君は、ツトム君とよく話をしているようだけど、ツトム君は、君に対して恨みを言っていなかったかな?」
「そんなことはないですよ。恨まれるようなことを僕がしたんですか?」
「いや、そんなことはない。じゃあ、君自身もツトム君自身も、お互いに意識はないんだね?」
「何のことを言っているんですか?」
「君はツトム君が同じ日を繰り返していることを知っているよね?」
「ええ、本人から聞きました。そして、僕もその一人であるという話も聞きました」
「君たち二人は、別々に同じ日を繰り返すことになるんだけど、それは教えてくれた相手とは同じ世界に入りこむことはないという法則のようなものがあるからなんだ」
「でも、どうしてそのことを横溝さんは知っているんですか?」
「元々、俺も以前は同じ日を繰り返していた経験があったからね」
 その時は、あまり深く考えなかったが、今から思えば。
――どうしてこの時、ハッキリと聞いておかなかったんだろう?
 と感じた。
「そうだったんですね。でも、この世界に生還できたということで、横溝さんは、向こうの世界とこちらの世界の二つを知ることになったので、それだけ、よく何でも知っているということなんでしょうね?」
「そうとも言えるが、知りたくないことまで知ってしまうというのは、ある意味で、これほど辛いこともない」
 この時、横溝は何とも言えない寂しそうな顔をした。それはこの世の孤独を一人で背負いこんでしまったかのような表情だった。
――聞かなかった方がよかったのかな?
 と思ったが、それは同時に自分の頭の中から、この時の横溝の何とも言えない表情を忘れさせることがないようにさせたのだ。
「ツトム君は同じ日を繰り返していることについて何て言っていたかね? 普通の世界に戻りたいと言っていたかな?」
「そこまでは言っていませんでした。ただ、そんな世界が存在しているということと、同じ日を繰り返している人には不思議な力が備わっているということを話してくれましたね」
「なるほど、いわゆる一般論を話したわけだね」
「それは当たり障りのないところを話してくれたということなんでしょうか?」
「そう思っていいかも知れないね」
「さっきの横溝さんの話では、僕が同じ日を繰り返しているツトムさんに対し、何かをしたので、僕がツトムさんから恨まれているのではないかということを言おうとしてかのように聞こえたんですけど、違うんですか?」
「そういうことだよ」
「でも、僕はツトムさんが同じ日を繰り返しているなどということをこの間知ったばかりなので、何かをしたという意識はないです。ひょっとして、何も知らないからこそ、相手に悪いことをしたと言いたいんですか?」
「そうではないんだ。あくまでも彼が同じ日を繰り返しているということを君が知っていた上で、君は彼に恨まれるかも知れないことをしたんだよ。そのことを君は意識していないだけなのかも知れないが、それをツトム君も意識していないというのはおかしな話のような気がする」
 そう言って、考え込んでしまった横溝だったが、
「僕は、そのことをどうして横溝さんが知っているのかということが不思議なんですよ。どうしてなんですか?」
「忘れたかい? 僕も同じ日を繰り返していたんだよ。だから、向こうの世界にいる人間の行動パターンは手に取るように分かるんだ」
「ということは、同じ日を繰り返している人の行動パターンは決まっているということですか?」
「いや、実はこちらのいわゆる現実社会で暮らしている人の行動パターンも実は決まっているんだよ。皆が皆、難しく考えているから、行動が複雑になっているだけで、ある意味歯車がかみ合っていないのがこの世界だっていうことができるんじゃないかな?」
 横溝の言っていることは奇抜な発想に変わりはなかったが、少し時間を置いて考えれば、納得できないことではない。しかも、一度納得してしまうと、そのまわりにあった今まで理解できなかったことも理解できてくるように思うから不思議だったのだ。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 632