20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:水を支える〜二人の少女の秘密 作者:小原ききょう

第27回   ゆすり


「おまえ、香山の家の娘やったんやないかあ」
 家に帰り、ドアを開けるとあの男が目の前にいた。
 強いお酒と煙草の匂いが鼻をつく。お祭りの楽しい思い出が一瞬で吹き飛んだ。
「そういうええ話は、はよ教えてもらわんと困るなあ」
 誰がこの男に言ったの? 敏男?・・まさか、お母さん?
「ええ金づるできたやんかあ、なあ」男はニヤニヤと笑っている。そばに敏男もいる。
 いつだったろう。お母さんはこの男をお父さんと呼ぶように言っていた。
「これでお前も、もっとええ暮らしできるで」そう敏男に言った。
 どうして今日いるの? 昨日は女の家に泊まっていたのに。
「ちょっと、一緒に香山の家までつき合えや」
 絶対イヤ! 私は絶対に行かない。
 この男、仁美ちゃんの家に行ってお父さんに会うつもりだ。
「言うこときかんと、痛い目に合わしたるぞ」
 痛い目に合わしたらいい。でも私は大声を出したりしない。
「私は行きません」私は持っていた手提げを抱え精一杯の反抗をする。
 男は真横から私の体を蹴った。
 変な苦痛が体を襲い、背骨が一瞬ぐにゃっと曲がったように感じた。
 私の体は下駄箱に当たって、そのまま弾かれたように玄関に転がった。どこを打ったのかわからないくらい全身が痛かった。
 下駄箱の上の花瓶が落ちて割れ破片が床に散乱している。
 手提げは? 急いで確認する。中身は無事だ。
 血の匂いがした。どこからか出ているのだろう。
 痛いよ、お母さん、助けて。私は口に出さず心の中で泣き叫ぶ。
 いつも私はお母さんに口に出して助けを乞うのを我慢する。言えばお母さんが怒るから決して言わない。お母さんが嫌がることはしない。
 私は男を見上げた。
「腹立つ奴や。この目や、俺のこと馬鹿にしてるんや」
 そんなこと思っていない。ここから出て行って欲しいだけだ。
「父ちゃん、俺、ほんまに見たんやで」
 敏男だ。やっぱりそういうことだったのか。
「敏男、お前、ええもん見おったなあ、こんな貧乏たれの娘が、あんな金持ちの娘とお祭りなんか行けるわけないやろがあ」
 私はたしかに貧乏の娘やけど、お祭りは別に誰と一緒に行ってもええやん。
「仁美ちゃんは同級生の、と、ともだちです」
 仁美ちゃんは私が守る。
「友達だあ?」男はそう言って私を蹴ろうとしたが「そやそや、大事な金づるや、傷つけんようにせんとなあ。おまえの親父に怒られるわなあ」と言ってまたニヤニヤ笑った。
 絶対、お父さんに会わせるものか。
「あんたっ、もうやめてっ」お母さんが奥から出てきた。
 お母さん!
「違うんや、敏男の勘違いなんやっ」
 そう言いながらお母さんは男にしがみついた。
 どうして? いつものお母さんじゃない。
「あの人の家に行くんだけはやめてっ」
 お母さんのこんな悲しげな表情、今までに見たことがない。
「お前は黙っとけっ、今までわからんかったこと、これで謎がいっぺんに解けたわ」
 男は私を蹴る替わりにお母さんの頬を叩いた。お母さんは襖の方に倒れた。
「やめてっ、お母さんに手を出さんといてっ!」
 私は大きな声で叫んでいた。
 この男はお母さんを叩いた。優しいお母さんを叩いたんや。
 私の声はご近所まで聞こえたはずだ。きっと崖の上の仁美ちゃんの家まで・・
 仁美ちゃん、ここに来たらあかん!


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 535