20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:赤髪と鏡に映った黒vivi 作者:赤髪 黒vivi

最終回   赤髪は黒viviと見つめ合う

赤髪が振り向いた。同じく振り返った女は黒viviか。

赤髪が右手を上げれば、黒viviは左手を上げた。

赤髪が左へ動けば、黒viviは右へ移動した。

まるで鏡だ。

赤髪が手を振る。同時に黒viviも赤髪に向って手を振った。

黒viviは、赤髪と同じ服を着て、同じように微笑み、同じように動く。

「まるで」ではなく、これは紛れもなく鏡だった。

赤髪は自分が映る鏡をじっと見つめた。

鏡に映る自分は不思議だ。

目や鼻の位置、大きさ、角度など人間みんなついているものなのに、同じ顔の人はいない。

赤髪は自分の顔をなぞる。

親に似ている部分はあるだろうか?

兄弟と似ている部分は?

夫婦は似てくるという。旦那と似ている部分はあるのだろうか?

子供は自分のどこが似るんだろうか?


一通り鏡を眺めた赤髪は、満足したように鏡の前から去っていった。

鏡に映った黒viviの髪の色が黒だったことには気づかなかったようだ。


■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 114