20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:『学園生活』改 〜愛と収容所と五人の男女〜 作者:なおちー

第5回   5
高野ミウ。あの女は絶対に許さないわ。
私の太盛君を奪っただけでは飽き足らず、
お兄様と姉さんまで粛清するなんて。

アキラ兄さんは過酷な拷問の末に死んだと
まで言われてるわ。もしくは廃人になったけど
ミウのおもちゃとして生かされてるとか。

どこまで本当なのか知らないわ。
私たち一般生徒は収容所のことを
調べることは規則で禁止されている。

「アナスタシア姉さん……」

私のスマホには姉さんとの楽しい思い出が
たくさん詰まっている。フォトフォルダには
こんなにたくさんの写真が保存されているのよ?

一緒に旅行に行ったり、美味しいものを食べに行ったり、
周りからも仲の良い姉妹だと言われていたわ。

この学園はいつのまにか寮が増築されていた。
野球部が使う寮と見た目は同じだけど、中は収容所よ。
囚人が寝泊まりできるように新しい収容所を作ったの。
全部で六棟もあるわ。

それが特別収容所。通称七号室。
七号室の名前の根拠は知らないけど、
噂ではそう言われているのよ。

いったいどれだけ多くの囚人が収容されてるのか
知らないけど、一年生の爆破テロ組は
おおむね収容されたみたい。

あの有名人の斎藤マリエも含まれているそうよ。

私の美術部の元後輩。陰で太盛君を
奪おうとしていた泥棒猫だから、今でも大っ嫌い。

困ったことに私の姉さんも七号室の住人らしいけど、
本当に姉さんがいるのかしら。粛清されたってことは
死んだってことじゃないの?
すでに死体になっているのではないでしょうね。

表向きは寮生活をしていることになっているけど、
世間や親は何も怪しまないから不思議よ。
姉さんは野球部などの運動部になったわけではないのに。

「エリカ様。そろそろ行かないと、
 全体朝礼の時間に遅れてしまいますわ」

私の友達にそう言われ、急いで席を立ったわ。
自分の席で物思いにふけっていたら、もうこんな時間!?

朝礼が始まるまであと5分しかないわ。
私達のいる棟から体育館までは遠いわ。

私と友達5人は、駆け足で階段を駆け下りたわ。
淑女らしさに欠けるけど、なりふり構っていられないの。

この学校には全校生徒を集めて集会を開くには
いくつかの場所があって、まず今回のように『体育館』、
他には『講堂』があるわね。
講堂は体育館より小規模だから、一学年分しか入らないわ。

体育館も全校生徒を収容できるほどの広さはない。

「貴様ら。遅刻ギリギリとはどういうことだ。
 ボリシェビキとしての自覚が足らないのではないか」

執行部員さんににらまれてしまったわ。
私達は平謝りして、事なきを得たわ。
彼らに目をつけられたら『尋問室』に連れて行かれるの。

尋問室に連れて行かれたら最後。
拷問されて自白を強要されるわ。
もちろん罪を告白するまで拷問が続けられるわ。

「私はスパイです」と自白するまでね。

……考えるだけで恐ろしい。
だから私たちは彼らの靴の底を
なめてまで生き延びないといけないのよ。

「遅刻者がいるかもしれませんが、
 時間ですのでこれから全体朝礼を開始します」

壇上にいるのはナツキ会長よ。
ナツキ君……。ずいぶん遠い存在になってしまったわ。

見た目は以前の彼と何も変わらないけど、
今は絶対権力者のバッジを身に着けている。
アキラお兄様から受け継がれた、生徒会長の地位。

「みなさんの前でこうしてお話しするのは、
 会長就任式依頼です。僕、高倉ナツキが
 会長に就任してから初めての全体朝礼となります」

それにしても体育館によくも三学年分入ったわね。
50クラス以上あって生徒総数は3000人以上いるのに。

よく見ると一学年だけ人数が少ないわ。
進学クラスがまるごと収容所送りになったからか。
私たちの学年も2クラス分は粛清されたそうね。

それでも体育館は人で密集していて、息苦しいわ。
それに空気が重すぎる。

「まず、前回の革命記念日前に、爆破テロ騒動があり、
 平和を望むみなさん一般生徒たちを不安に陥れた
 ことを謝罪します。爆破テロ犯たちは全員罪を認め、
 反省室に入っています」

反省室……? それは冗談で言っているのかしら?
学園の飛び地にあたる場所に7号室があるのは
誰でも知ってるのに。

「一年生の一部生徒が犯人でした。進学コースの人達ですね。
 彼らは現在更生中の身ですから、しばらく通常授業には
 出られません。そのことについて皆さんが気にする
 必要はありません。また、詮索する必要もありません」

言い方を変えれば、詮索すれば粛清するってことね。
ナツキ君の言い方は分かりやすいわ。

「これから健全なるみなさんの学園生活をサポートするため、
 新しい学校規則、校則が作られることになりました。
 詳しくは発案者である同士・副会長からお話を聞きましょう」

副会長ってことは……あの女ね。

高野ミウは、壇上に並べられたパイプイスに
腰かけている役員連中の一人だったわ。

高野ミウは立ち上がり、壇上のマイクを手にした。

「まずは画面をご覧ください」

部下に命じてプロジェクターが起動させ、
奴の背後のモニターに巨大な文字が浮かび上がったわ。

革命裁判……? 会長と副会長が裁判官をかねる?

スパイ容疑について……。スパイと思わしき人は逮捕?
判断基準は、副会長のミウが決める?

なによそれ。奴の独断でスパイが決まってしまうの?
思っただけって、そんなの適当過ぎるでしょ。
気まぐれで粛清されるかもしれないってことなの?

信じられないわ。アキラ人さんの時代でもここまで
横暴ではなかったわ。きちんと取り調べして
過去に侵した罪を立証していたもの。

それに規則はナツキ君と校長の許可が
なければ変更でいないはず。

ナツキ君はこんなことを許可したの?
モテるくせに姉さんに付きまとわれて
困っていた優柔不断な彼が……。

お人よしが過ぎて姉さんから
聖人君子とまで呼ばれていた彼が?
うそでしょ?

「我が生徒会は、内部に不穏分子がいた場合は容赦なく
 取り調べします。前回の爆破テロ未遂は、私が内部スパイを
 発見できなければ大惨事になっていたことでしょう」

良く言うわよ。姉さんの計画が実行されていれば、
今ごろあんたが粛清されていたことでしょう。

「私は、今この場ではっきりと前会長である橘アキラ氏を
 批判します。なぜなら彼が管理していた生徒会は、
 生徒を守るための組織としては不十分だったからです。
 彼に生徒会長の資格はなかった。ただのクズです」

朝礼中は静粛にする決まりなのに、生徒たちが
ざわついたわ。体育館の一角に集められている先生方も
互いの顔を見合わせて驚いている。

兄さまの悪口を公然と言うバカがいるんだから、当然よね。

「現在、アキラ氏は自らの意思で反省室に入り、
 更生中の身となりました。彼にも彼なりに
 思うところがあるのでしょう」

そんな説明で誰が信じるのかしら。
くたばりなさい、嘘つき女。
ボリシェビキは嘘つきばかりなのかしら。

「このように、我が生徒会は内部の人間すら
 疑わなければならない状態です。
 それほどスパイの脅威は恐ろしいのです。
 もちろん一般の生徒の中に紛れ込んでいる
 スパイに対しては、今後も容赦しません」

ナツキ君とは語尾の強さが違う。
やはり生徒会を操っているのはこの女なのね。
カンだけど、ナツキ君は奴に操られているだけなのよ。

高野ミウ……。どこまでも腐った奴。
最初に殺さないといけないのはあいつじゃない。
私だけじゃなくてみんなそう思っているはずよ。

……あれ? 気のせいかしら。
壇上のミウと目があった気がしたわ。
不思議と笑っている気がしたけど。

いえ。気のせいよね。
これだけ生徒がひしめき合ってる中で、
私の顔が分かるわけないもの。

「生徒会・諜報広報委員部は、先月に引き続き、
 今月もスパイ容疑者のリストを作成しています。
 今ここに全校生徒がいますから、
 これから容疑者のクラスと氏名を読み上げていきます」

まさか、この場で逮捕者を出すつもりなの?

「名前を呼ばれた人は、壇上まで上がってください」

ミウは終始事務的な声で逮捕者の名を読み上げたわ。
逮捕されたのは女子が多いわね。ミウが罪状も言っていくわ。
SNSでのやり取りを裏でチェックされたみたい。

バカね。だから家に帰ってからも生徒会の話は
するなって言ったのに。もちろん家族との会話でも
生徒会の話をするのはNG。

特に収容所のことを世間に話すのは
絶対にやめたほうが良いわ。

「二年一組。橘エリカさん」

え……? 今私の名前が呼ばれたの?

「罪状。スパイ容疑。連帯責任による」

私がスパイ?

「二重スパイとして逮捕された橘アナスタシアの妹。
 橘アキラ史の妹。取り調べの必要有り」

私は震えながら壇上にへ行くしかなかった。
確かに私はアナスタシアの妹よ。
家族だからって理由でスパイ容疑がかかるの? 

「事実確認をさせてください」

高野……ミウ様が私に問うわ。
壇上には容疑者たちが9人並んでいて、
私はそのうちの一人よ。
みんなでミウの前に横一列に整列させられたわ。

「エリカさんは、アナスタシアさんの爆破テロ計画に
 協力するスパイ行為を知っていたのではないですか?
 また、そのような話をお姉さんとされたことはありますか?」

私は確かに姉さんの計画を知っていたけど、
実務には関わっていないわ。

私は危険すぎると言って姉さんを止めたこともあった。
私はアキラ兄さんが怖かったから、
逆らったことは一度も無いわ。

私はその通りのことをミウ様に伝えた。

「あくまでしらを切りますか。
 それならこちらにも考えがります」

え?

「朝礼終了後に尋問室に来てください。
 もっと詳しく聞かないと真実が
 得られそうにありませんから」

ミウ様は、私の隣にいる男子にも事実確認をした。
彼は一年生。逮捕された進学クラスの女子と
付き合っていたみたい。それで連帯責任か。

「私は自らの罪を認めます。私は確かに
 スパイ行為をしてしまいました。副会長様。
 どのような罰でもお受けするつもりでございます」

なんて嘘っぽい口調。腹の内では目の前の女を
刺し殺したいと思っているんでしょうに。
彼みたいに自白すれば罪が軽くなるのかしら?

「うふふふ。素直な子だね」

ミウが笑った。

「気に入ったわ。あなたは六号室に行く?」

「は……じ、自分ではその……」

「いいじゃない。六号室。作ったばかりだから
 ぴかぴかの教室だよ? それに特別な部屋だから
 そんなに人数もいないんだけど。どう?」

「よ、よよよ。喜んで行かせていただきます」

「そうだよね。うれしいよね?
 うんうん。うれしいんだよね?」

「うれしいです!! すごくうれしいです!! ミウ様!!」

「あはは。あなた、本当に楽しい子だね。
 褒美に手荒な真似をしないよう部下に命じておくね?」

「あぁ、ああ…。ああ、ありがとうございます!!
 
「よしよし。素直な子は大好きだよ?」

ミウは一年生の頭を撫でているわ。
この動作に何の意味があるかしら?
うちのクラスで太盛君にも同じことをしてたわね。

恐怖で固まってる男の頭をなでるのが趣味なのかしら。
キチガイの考えることは分からないわ。

ミウは同じように他の容疑者たちに質問していった。
私以外の人はみんなが罪を認めたわ。
なによこれ。罪を認めれば減刑されるの?
私だけがバカみたいじゃない。

「以上で全体朝礼を終わります。生徒会役員と
 一部の教員だけはここに残ってください。
 その他の人は、解散です」

解散しろと言われたら、みんな出ていくしかないわね。
ぞろぞろと生徒達が出入り口に殺到していくわ。
みんな早いわね。混んでる割にはスムーズに人数が減っていく。

私以外の容疑者は手錠をされて収容所へ連行されたわ。
表向きは任意同行。だったらどうして手錠を?

私も手錠をされたわ。こんなに冷たくて硬いのね。

「エリカにはこっちに来てね」

「はい?」

ミウが体育館の裏に私を連れて行こうとしたわ。
あの幕の裏には、まさか尋問室があるの?

い、いやよ。

誰が拷問されると分かっているのに行くものですか。
誰か……た、助けて。先生。ナツキ君。太盛君。

「頼む。待ってくれ!!」

その声は……。

「はぁはぁ……お願いだミウ。俺の話を聞いてくれ」

「太盛君は壇上まで上がってきたらダメだよ。
 役員以外は上がったらいけない決まりなの。
 そんなに息を切らせてどうしたの?
 あっ。もしかして生徒会役員になりたいの?」

「俺は……エリカは事件と無関係だと思う。
 アナスタシアのスパイ行為に関わってないよ」

ミウは、必死で私を守ろうとしてくれる優しい彼に対し、

「ふーん」

と言ったわ。ミウがマジギレする時は無表情になるのよね。
私は同じクラスだからよく知っているわ。

「太盛君。ごめんね? 太盛君の言うことは
 何でも理解してあげたいんだけど、
 今のはちょっと意味不明かな」

すごい殺気よ。様子を見守っているナツキ君
ですら萎縮(いしゅく)して声をかけられない。

他の役員連中なんて初めからミウに
逆らうつもりがなくて距離を取っているわ。

「お、俺だってエリカの全てが好きなわけじゃない。
 でも同じクラスの仲間じゃないか。俺とは
 美術部員で楽しくやっていたこともあるし……その」

ミウにこれだけものを言えるのは太盛君だけでしょうね。

太盛君が私のことを嫌ってないのは良く伝わったわ。
素直にうれしい。
夏休みに別荘で彼をもてなしたのが効いたのかな。

「あっそう。そうなんだ。へえ」

自分以外の女をかばおうとする彼がよほど
気に入らなかったようね。

ミウはマイクを床に叩きつけたわ。
鈍い音がしてマイクが転がっていった。

次に容疑者一覧の名簿をビリビリ破いているわ。
荒れてる荒れてる。女のヒステリーっていやね。

次は太盛君を制裁するのかしら。

「私の記憶違いかなぁ。
 太盛君はエリカのこと嫌いだったんだよね? 
 一緒にいると疲れるんじゃなかったの?」

「じ、尋問するのは、ちょっとかわいそうじゃないか?」

「エリカはスパイ容疑がかかっているんだよ?
 太盛君はさっきの規則の説明を聞いてなかったの?」

「理屈じゃないんだ。お願いします。
 今回だけはエリカを救ってあげてください」

太盛君……。土下座してまで私を救ってくれるの?
こんなに心の優しい人を見たことがないわ。

副会長に逆らったら自分が拷問されるかもしれないのに。

今この瞬間に私には彼しかいないって確信したわ。
神様は私にこの人と婚約しなさいって命じている。

「太盛君。みんなの前だから土下座はやめなさい」

ナツキ会長が彼に優しく言うわ。
そういうナツキ君も紳士なのね。
この一言だけでミウとは違うのが分かってしまうわ。

ナツキ君が太盛君の肩をぽんぽんと叩くけど、
太盛君はずっと顔を床にこすりつけている。
どれだけ硬い意志なのよ。ちょっとやりすぎよ。

あっ。ミウがこっちをみ…

「いたっ!!」

この暴力女。急に私にビンタしてきたわ。

「抵抗したりガードしたら殺す」

なっ……。

「うっ」

お腹を蹴られた。今度は蹴りなのね。
お腹を抱えてうずくまる私を、ミウは好きなように
蹴り続けたわ。どこのいじめっ子よ。

私は家庭の事情でソ連式の訓練を受けているから、
素人の打撃では何ともないけど、
痛がっているフリをしないと相手を刺激するわ。

「まあまあ。押さえて押さえて」

ナツキ君がミウを止めにかかるわ。
奴の狂暴な拳を彼が包み込むように握っている。

ミウは血走った目で私を見てくる。

こっちだってにらみ返してやりたいわ。
なんで私を殴ったの?

私をかばってくれたのは太盛君なのに。

鉄っぽい味がすると思ったら、くちびるから
血が出てるわ。ぶたれた時に切ってしまったのね。
本当にムカつく女だわ。高野ミウ。

「会長権限だ。今回のスパイ容疑は見逃してあげよう」

ナツキ君……。

「橘エリカさんはすぐに自分のクラスに戻りなさい。
 そこでうずくまっている堀太盛君も同様だ。
 もたもたするな。すぐに行動に移せ」

ナツキ君の瞳が、早く逃げろと言っている。
ありがとう。私は太盛君が出ていくのを見てから、
追いかけるようにして立ち去ったわ。

役員たちは革命裁判についての会議が
あるらしくて、引き続き体育館を使用するそうよ。

なんで生徒会室じゃなくて体育館で話し合うのかしら。
これはあとで分かったことなんだけど、体育館を
革命裁判所として使うつもりらしいわ。

あいつらの考えは意味不明だから、深く考えたら負けよ。

私は、早足で渡り廊下を歩いてる太盛君に追いついた。
気持ちを抑えきれなくて、後ろから彼に抱き着いてしまったわ。
私は彼の背中にぴったりとついて離れるつもりはなかった。

「エリカも分かってるとは思うが、今の状態が
 生徒会の皆さんにばれたら俺たちは極刑だ」

「それでもいい。私は心から太盛君のことを愛してるの。
 もう他の誰もいらない。
 太盛君と一緒に死ぬならそれでもいい」

今、他のクラスは一時間目の授業の最中。
渡り廊下は静かなものだったわ。

「そう言ってくれるだけで救われた気持ちになるよ。
 俺はあの収容所で心がすさんでしまった……。
 俺は何もかも怖くて、ただ臆病で、誰も信じられなくて……」

「俺は元三号室の囚人だった。最大の犠牲者の一人だった。
 だからだろうか。これ以上の犠牲を出したくなかった。
 エリカ……。おまえが傷つけられるのを
 黙って見ていることができなかったんだ」

太盛君が泣き崩れてしまったの。
わんわんと子供みたいに泣いて、私ですら
手が付けられない状態になってしまったわ。

「太盛君」

私はハンカチで涙をぬぐってあげた。
本当に子供に戻ったみたい。ミウに服従させられて
すごく傷ついていたのね。

私を救おうとしてくれたのは、強大な権力への
反逆になってしまった。どれだけの恐怖と戦ったのか。

太盛君は正義の人よ。
私はどこまでも彼に着いて行くわ。

「君たち、二年生の生徒だろう? 
 授業はとっくに始まっているよ。
 早く自分の教室に行きなさい」

「はい。すみません。先生」

私は太盛君の手を取って早足でその場を去った。

見たことのない男性の先生だったから、
きっと一年生の担当なのね。私達がいる渡り廊下は、
一年生の棟と二年生の棟の中間点。
ここを通り過ぎたすぐ先に、私達二年一組の教室があるわ。

学校が広すぎて体育館から自分のクラスに戻るだけでも
大移動のレベルよ。四階にクラスがある芸術コースの人達は
毎日足腰が鍛えられるでしょうね。

「ここから先は離れて歩こうか。
 クラスの奴らに見られたらまずい」

私はうなずいた。

太盛君。またあなたの隣に寄り添える日が来るのかしら。
明日の身も分からないこの学園での生活は刑務所と同じよ。

でも神様は言ったわ。明日のことまで思い悩むことはないと。
私は粛清された兄さまと姉さまの分まで精いっぱい生きる。

太盛君と三学年に進級して、無事に卒業する、
それだけが、私の今の望みよ。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 837