20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:『学園生活』改 〜愛と収容所と五人の男女〜 作者:なおちー

第1回   あらすじの続き
あらすじは文字数の規定が500文字までと決まっている。
書ききれなかった分を本編第一話で書くことにする。

まだあらすじを読んでない人がいたら
ぜひ読んで欲しい。

〜あらすじの続き〜

シリアスな展開が続くと色々疲れてしまうので、
すきを見てどこかで「コメディ」を入れようと思っている。
どうやったらコメディになるのか。困難であるのは承知している。

今作は私の自己満足のために書いた。
もはや『子供の落書き』のレベルであり、
20代から中高年の読者にふさわしいかは分からない。

本来ならチラシの裏にでも書いておけばいいものを、
あえて投稿してしまった。このサイトの登録欄に
経験や技術は問わないと書いてあったからである。

この時点で不快に思う人はページを閉じてほしい。

キーワードは『強制収容所』であるから、
極めて人を選ぶ落書きである。 


……さて。内容の変更点について。

前作『学園生活』は第16回以降で共産主義的要素が深まる。

夏休み明けに太盛は強制収容所行きになる。
ミウは彼を救うために右往左往し、
やがて冷酷なるボリシェビキの一員になってしまった。

ミウが生徒会中央委員会に入る決意をしたのは、
『第20回』でのナツキの巧みな話術のためだ。
中央委員になれば太盛に会える。彼に会いたい一心だった。

ミウは『第21回』で収容所の太盛と再会し、
囚人と看守の立場から太盛に嫌われ、
大きなショックを受けた。

そのため本編では頭痛を発し、学校を2週間休んだが、
今作ではそれがない。彼女は強いストレスから
性格が豹変し、鬼畜へと目覚めてしまった。
これが、あらすじに書いた変更点@である。

続いてAだが、今作では爆破事件を未然に防ぐことに
成功している。ミウが独自の捜査によってアナスタシアが
二重スパイであることを発見したのだ。

ミウの活躍により生徒会は滅びることなく、
無事に11月23日の革命記念日(総選挙)を迎える。
新会長にはナツキが選ばれた。

ナツキには副会長の指名権があるから、
自分の右腕であるミウを選んだ。

会長と副会長を選出したことから、組織委員会は
中央委員会で最高の権力を持つに至った。

この物語は何をするにしてもミウが
中心人物になるのだが、今回は群像劇として、
各キャラクターの心理を深く掘り下げる。

前作との差別化を図る意味もあり、
あえて一人称で書くことにした。

今作は一人称リレー方式(順不同)を採用した。
話数によって主要キャラが入れ替わり、
彼らの一人称で物語が描かれるのだ。

一人称の対象になるのは、次の五人の男女である。

高野ミウ
堀太盛  
橘エリカ
高倉ナツキ
斎藤マリエ

斎藤マリエ(一年)以外は全員高校二年生だ。

時系列は、前作『第23回』から開始する。
まずは前作から大きく変更されたミウの心理から見ていこう。


次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 372