20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:フィリピンに生きる  新フィリピン事情 作者:佐々木 三郎

第2回   第一章 強請り 集り 騙しの手法
         第一章 強請り 集り 騙しの手法


フィリピンの強請り、集り、騙しの手口は単純である。一、二度体験するとすぐ騙しだと解る。それゆえに初めての日本人には効果的であり、逆に、こんな幼稚な手口にかかったのかと腹立しい。斬って捨てい、と言いたい。だが、疑ってかかれば、経験がなくとも顔をよく見れば解るのではないか。単純な手口でも新しい日本のカモはいくらでも来るそんな顔をしている。
人は初対面の人間に会うと無意識にこの人間は信用できるか考えるはずだ。これを意識して判断すればかなりの被害が減るだろう。『騙されるのは頭を使わないからだ』とユダヤ教聖典タルムートにある。

 フィリピーナの日本人に対する基本哲学はmuch money honey,no money not.金があると魅力的、金なしはだめ。色香と言っても飛びついて行くほどではない。これを承知で買うのならそれもよし。ただし、愛情は金で買えるものではない。錯覚してはいけない。貴方の金を愛するの金がなくなればあなたお終い、わかった?と言われるのが落ちである。春を肉体を販ぐ、売るのが仕事だから服装には元手をかけるので見かけはいいが、その住む家たるや電気もない、水道もないあばら家に食うや食わずの大家族が住んで娘の稼ぎを待っているのだ。 そんな眼をしている。
 2,3人観察すれば見分けがつくようになる。プロ棋士は指導碁での指摘、アマチュアの方はあまりにも無警戒、無防備と評したとか。つまりアマは危険に気付ていないのだ。それには危険予知訓練が効果的であるが、以下の事例が参考になれば幸いである。

 タクシーの運転手がセクシーレディーをパロパロ(男から男へ飛び移る蝶)、クロッシングガール(街角で男を吊り上げる女)と蔑む。その眼は、日本人は超目玉という眼。彼女らのペットボトルなどの廃プラスチックなどを拾い集める少女に投げ与える態度は不遜そのものである。
 少女が廃品回収で得るのは1kg15ペソである。ボトル1本0.25ペソ。いたいけない少年少女が家族のために一日60本は集めなくてはならない。2,3本やるとうれしそうにサンキューサーと笑顔になる。真面目に働く者に応援するは日本人の常。しかして、娼婦たちに貢君する日本人は馬鹿でしょう(彼女たちのそしてフィリピン人の笑声、でもいい客よ)。高い金払って、色キチガイと軽蔑されても致し方あるまい。他方、その道の上級者は100、200ペソ(1p=2yen)円換算は倍と考えればよい、で少女買春に勤しんでいるいるとも聞く。上級故にできることであろう。日本の刑法は14歳未満との性交は合意があっても強姦罪を構成するが、ここでは?また、日本の青少年保護育成条例に当たるもがありやなしや?初心者は10年早いと心得るべきであろう。

  元下院議員ハロスホJalosjosは1996年11歳の少女をレイプしたとして終身刑、なぜか2010年釈放。
  彼は大富豪なればムンテンルパ刑務所の沙汰も金次第か。だが今なお少女の敵とその名を留めている。

 日本人は信じやすい。《信じる者はだまされる》。異国にあっては水と安全は高価。中国人、韓国人は騙されない、むしろフィリピン人を騙す方だ。見本人は内弁慶。外国ではおどおどしている。だからつけこまれる。この日本人はフィリピンに慣れているな、とみるとすぐに引き下がる。
 最も大きなマニラ空港でも案内が不親切であるから出迎えが難しい。到着ロビーがない。待合せ場所を双方決めておかないと会えないこともある。うろうろしている日本人に空港警察官が親切面で携帯を使えと差し出してくる。迎えの人間と通話を終えると謝礼を500から1000ペソ要求する。通話料6ペソ。10ペソで十分だ。なぜ気前良く払うのか。頭を使わないからだ。日本人は小銭を持っていない。たばこでも買ってつり銭から10ペソ遣ればいい。あるいは20円やればいい。要求される前に小銭を与えるのがコツである。
 外国に出ると緊張するのは理解できるがその警察官は宴会を開いていることだろう。なにしろ、給料が8000から12000がいいとこなのだ。給料不足分はは日本人から踏んだくれ、というのが経営方針らしい。経営者の大部分が外国人だ。

 麻薬所持で死刑を言い渡された日本人が16年振りに釈放されたニュースは日本でも大きく報じられた。彼は一貫して無実を主張していたが、地元ネグロスのラジオ局が事件のでっちあげを報じなければ彼は陽の目を見れなかったであろう。ここの捜査裁判のいい加減さ、金で白黒が決まる。
 この事件では担当警察官が逮捕されるほど腐敗していた。日本政府の申入れで恩赦となったが保釈金を200万ペソ積まなければならなかった。まだ無罪判決ではないのだ。
 『これ、日本に届けて』フィリピーナに頼まれるとオイキタと引き受けるのは日本人ぐらい。死刑が執行されていたら。それにしても16年の刑務所暮らしはいかばかり。ああ、ムンテンルパの夜は更けて。同様な事件は日本人女子大生にも起こった。簡単には解き放ちとなるまい。頭を使わないからだ。簡単に信じる者は騙される!しかし、警察ぐるみ、国家がらみではナス術なく刑場の露と消えるのみと考えると身の毛がよだつ。

 手慣らしに、警察官の強請りから看てゆこう。
1あなたは信号を無視したから反則金3000ペソを支払わなければならない。
    2支払わなければ車をブロックする。もし、俺に1500くれれば見逃す。
と警察官に言われた場合、フィリピン人ならこう応えるだろう。
    1今失業中だ。それなら800ならどうだ。
    2金を持っていないと、そっと200握らす。
あなたならどうする。
    1フィリピン型 今持ち合わせがないと500握らす。贈賄罪とか、かたいことは言わない。
    2戦闘型    信号無視を証明できるか。裁判で争う。ついでにお前の恐喝、収賄を告訴する。
フィリピン型が無難。日本人は金持ちと思われているから倍が相場か。ここは法治国家ではないからだ。ヤクザのしのぎを聞いた警察官が俺たちと同業だと言ったとか。戦闘型は撃ち殺される恐れがある。どうして?そりゃ警察官の職を失いたくないから(ポリスパトラ金せびり警官参照)。

 最進国の人間が最後進国の人間に騙されるのである。2倍までは取引だと自分を納得させることもできようが、4倍となるとこれは詐欺である。中国人韓国人は騙されないらしい。何故か。やはり日本人の金銭感覚というしかないか?フィリピンの物価水準(日給300、月給8000)を頭にいれとけばよいのだが。また騙されたことに気づいてもクレームをつけない。めんどくさいからか。日本人は彼らを人間とは見ていないから仕方ないと諦めているのかもしれない。ところが連中は日本人をお人よしのカモと見ているのだ。 とすれば、どっちもどっちであろうか。外国とくにフィリピンに出かける前に忘れずに!ある程度の事情を調べておくことを。外国人にはやさしくするのは日本ぐらいであろう。水と安全はただの国の人間は危険予知の意識がうすい。顔をよく観察すること。買い物、乗り物、宿泊するときは『だまされるものか』と唱えること。

フィリピン定番だましの手法
 @しゃべりまくり相手に考える間を与えないこと。結論はぼかすこと、日本語交えるとなお良し。
 A相手の考えは頭ごなしに否定する。唯我独尊を旨とすべし。見掛け倒しに引かかる日本人は多いよ!

次回 フィリピンの洗礼


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 16932