20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:酒飲みすぎやん。でも健診ひっかからんので思うこと徒然に書く・・・ 作者:ふ〜・あー・ゆう

最終回   1
価値観の多様化≒空間的な広がり。これが、時間的な広がり・推移と絡むと、例えば過去は弁護士が優位だったのに、弱者連合・下克上の中で司法書士軍団に席巻され、隔世の感があったりするのかも。。。。とは言え、弁護士諸氏は、時の流れによる価値観の変遷を感じつつも、揺るぎない彼の地に落ち着くことでしょう。アカデミックな能力は絶対なのだから、日本国内では維新前の上級武士並みの発言力・影響力をもつことでしょう。努力が報われるとは限らないけれど、変化・転嫁(?)すれば、必ず人並み以上の地平が見えてくるはずだし、並外れて夢を叶えている存在への私募・憧れこそが、立ち直るための原動力。BLEACH、愛染は、憧れこそ理解から最もて遠いものとしたが、人は無意識に理想タイプを保存し、機を見て、獲得の行動をし、成就か頓挫かに苛まれるが、それらに振り回されるのが、現世であり、それも含めて楽しめてる方々こそが現世の成功者たりうるかもと徒然に思う厳寒の日々。。。


■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 18