20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:仏教と物理学の奇妙な関係 作者:ツジセイゴウ

最終回   (補論)反物質は消えたのか隠されたのか
ても重要な論点が抜けていましたので補足させていただきます。
人間あるいはそれを構成する物質がエネルギーに変換されるには、第1話で述べた通り物質と反物質の「対消滅」が必要となる。人間が「存在」するということは「+1」を意味し、それを無(ゼロ)にするためには「−1」が必要なのは道理である。でも「対称性の破れ」により、いまこの宇宙には反物質はほとんど存在しない。このままでは、人間あるいは物質は永遠に無つまりエネルギーに変換されることなく、未来永劫「輪廻転生」し続け、宇宙最後の日に文字通り滅亡する。
ここからは完全に筆者の推論になるが、極楽浄土に行くためにはとても重要な話なので、最後に壮大なる絵空事に今一度お付き合い願いたい。それがヒッグス場(あるいはヒッグス機構)と呼ばれる理論に関する話である。

数年前になるが、スイスのCERN(欧州原子核研究機構)においてヒッグス粒子が発見されたという大ニュースを耳にされた記憶があるであろうか。万物に質量を与えるため「神の粒子」と呼ばれるこの粒子は、ヒッグスという物理学者が1960年代にその存在を予言し、実際にCERNにおける大型粒子加速器を使ってその存在が確認された。これでヒッグスはノーベル物理学賞を受賞している。
ヒッグス粒子と言っても、実際に原子のょうなツブツブがあるわけではなく、物質にまとわりつく水あめのような存在であるので「ヒッグス場」と言われることの方が多い。我々が肉体を持って存在し続けられるのは、このヒッグス場のおかげである。物理学では、質量は「重さ」ではなく「動かしにくさ」を意味する。動かしにくいのは物質にまとわりつく(これを専門用語で「相互作用する」という)ヒッグス場があるからである。我々が動かずじっと座っていられるのもヒッグス場のおかげである。それは無重力ともちょっと異なる。無重力は単に重力がないだけで、無重力状態の中でも実際に物質は存在し、そして力を加えれば動く。でも、ヒッグス粒子がないと、質量そのものがなくなるので、素粒子のすべてが自由に好き勝手に飛び回り始めることになる。こうなると、人の体は言うに及ばず、およそ形ある万物は雲散霧消して消えてしまう。ヒッグス粒子が「神の粒子」と呼ばれる所以である。
これはサッカー場に生えている芝生をイメージすると分かりやすいかもしれない。実際、サッカー場も英語ではフィールド(「場」)と呼ばれる。仮に芝生(ヒッグス場)のないサッカー場があったとすると、蹴られたボールは止まることなく光速で転がってゆく。選手もスルスルと光速で滑るのでプレーにならない。すべすべのスケートリンクでサッカーをしているようなものである。
ところがサッカー場に芝生を植えると、途端にボールは転がりにくくなる。スパイクを履いた選手も走りやすくなる。ボールと選手が芝生によって質量を獲得したからである。そして、この芝生が深くなるほど、ボールも選手もますます動きにくくなる。この芝生が生えている状態を物理学の用語でエネルギーが励起しているという。芝生の一本一本がエネルギーの励起した状態を表していると思えばよい。これがヒッグス場の正体である。万物は、この芝生があるおかげで滑らず姿形を留めていられるのである。

で、これが反物質の存在とどのような関係があるのか。反物質が消えたのではなく隠されているだけではないかと考えるとどうなるか。「対称性の破れ」とは反物質が消えることを意味するのではなく、反物質がその姿を隠すことを意味しているのではないか。物理学の世界では対称性をなす事象が多く存在する。というかほとんどが対称的である。「表」に対する「裏」、「正」に対する「負」、「作用」に対する「反作用」、など数多くの対称性が見られる。仮にヒッグス場に表の顔と裏の顔があり、表側は物質だけと相互作用し、裏側は反物質とだけと相互作用するとすれば、我々の住む宇宙にある物質とちょうど同じだけの数の反物資が裏の世界に隠されているということになる。サッカー場の芝生に、葉が生えている表の面と根っこばかりが生えている地下の面があるように。
実際、CERNの大型粒子加速機による陽子衝突実験で反物質は生成されている。陽子を光速の99.99%まで加速させて衝突させることにより、物質と反物質を対生成させるのである。この反物質は、磁場を使った作り出した容器の中で短時間であるが保存することにも成功している。今の宇宙に満ち溢れていると言われるダークエネルギーの正体がこの隠された反物質である可能性もある。
だとすると、この宇宙に存在する全物質と同量の反物質を準備することも可能となり、人間も、犬畜生も、草木も、路傍の石ころに至るまで、一切の物質を対消滅によりエネルギーに変え、極楽浄土に往生させることも可能になる。仏教ではこれを「大乗」と言う。大乗とは人間だけでなく万物すべてを救済するという意味である。
もちろん、反物質が本当に隠されているのか、あるいはその全量が取り出せるのかも、今の物理学では全く分からない。すべては文字通り「絵空事」であるのかもしれない。


← 前の回  ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 234