20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:REMINISCENCE〜ねぶの詩集5〜 作者:ねぶ

第36回   『遠い背中』
『遠い背中』

ときどき魂がぬける

瞳に映る自分自身



ゆがむ背筋を整えて

なんとか渡る細いロープ



たぶん間違ってはいない

でも、半分飽き飽き



求めていたのは

ロープの先じゃない



ゆがんだままでも

前しか見えていない

遠くに見えるあの背中



2018年6月13日作



【あとがき】
思うままつぶやいてみました。
幽体離脱なんてしたこともないですし
そもそも実際にあるのかと疑問に思っていますが
気持ちをたとえるにはピッタリでした。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 643