20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:REMINISCENCE〜ねぶの詩集5〜 作者:ねぶ

第30回   『宝箱』
『宝箱』

目の前の宝箱

中身はお宝か?

あるいはワナか?



開けずに通り過ぎれば

成功も失敗もない

でも、開けなかったこと

それ自体がたぶん後悔



開けたほうがいいんだよ

お宝だったら最高だ

たとえワナでも

その失敗は活きる、次回



失敗しないことよりも

後悔しないことのほうが

いくらかマシだろう



2017年9月24日作

【あとがき】
そんなことを考えて馬券を買っています(笑)
でも、馬券に限った話ではなくて
極力、当たって砕けろ!とモットーに生きてます。
そりゃあ砕ければ痛くて泣きそうなこともありますが。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 682