20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:REMINISCENCE〜ねぶの詩集5〜 作者:ねぶ

第26回   『恋の花びら』
『恋の花びら』

桜のような恋の花びら

花は散っても、その木は枯れず

新たな花がいつかは待っている

だから笑顔で花吹雪を見送るよ

今はさよなら、ありがとう



こぼれていくのは花びらだけ

涙のダムを決壊させたくない

それが見え透いたつよがりでも……

芽吹いた若葉を胸に抱えて

今はさよなら、どうか元気で



脳内辞典をひもといてみても

気のきいた言葉がみつからない

でも、自分の幸せを望むように

「他人」のキミの幸せを喜べる

さよなら、さよなら、おめでとう





2004年4月5日作『桜』
2018年4月13日改題&大幅編集

【あとがき】
14年も前に書いた作品なのですが
タイトルを変えて、原型を留めないほど改編しました。
もはや、それは新作なのかもしれません(笑)

形はできあがっていたのですが
14年後の想いをこめたら
自然と違う作品になりました。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 795