20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:REMINISCENCE〜ねぶの詩集5〜 作者:ねぶ

第18回   『半熟偽善者』
『半熟偽善者』

バスの中で立っているお年寄がいたら

僕は一声かけて、席を譲るだろう

お年寄は「ありがとう」の一言

その一言でささいな満足感



イイ人なんかじゃない

イイ人だと想われたい

イイ人だと想い込みたい

ただ、それだけのこと



間に入りたそうな車を見かけた

僕は車を止めて、譲ってみたけれど

相手の車は当然かのように走り去った

僕はそれを見て、イライラが募る



もちろんワルイ人なんかじゃないよ

でも、イイ人だと想い込みたいのに

それじゃイイ人と想い込めないだろう

ただ、それだけのこと



僕の偽善を持ち逃げしないで

偽善でいいから返してくれよ

世の中はGive&Takeだろう

社会の潤滑剤を減らすなよ



自分の身を犠牲にしてでも

他人を助けたいと思うなら

それがきっと善意なのかもしれない

つまらぬ僕にはそんな気持ちはない



でも、自分が足し引きゼロで

それであなたが+になれるなら

助けてあげたいとは思うんだ

打算的かな?利己主義かな?

それよりちょっとはマシだろう



幸福と不幸を電卓ではじき

ささいなことで幸せになり

ささいなことで憤慨する

そんな僕は半熟偽善者

聖人君子にはなれそうもない



2010年12月16日作
2015年11月10日加筆修正


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 274