20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ
 ようこそゲストさん トップページへ ご利用方法 Q&A 操作マニュアル パスワードを忘れた
 ■ 目次へ

作品名:REMINISCENCE〜ねぶの詩集5〜 作者:ねぶ

第12回   『天国への階段』
 『天国への階段』
 街を歩いていたら、長蛇の列を見かけた。何の列か気になったので、並んでいる人にたずねてみると、列の先の建物には「天国への階段」があるらしい。「早く順番になるといいですね」そう言って僕は列から離れる。

 「天国」があるかどうかを神ならぬ僕は知らない。詐欺だと断じるつもりもない。でも、誰かの用意した天国が、誰もが望む天国とは思えないし、少なくとも天邪鬼な僕にとっての天国ではありえない。 

 街を後にして、僕は歩を進める。目的地は僕の中に既にあるから、「天国」なんていらない。たどりつけるかなんて分からないし、たとえ、たどりつけなくてもかまわない。道を決めたのは僕自身だと胸を張って言えるのなら。

2016年1月19日作

【あとがき】
 最近の新聞で、競馬予想詐欺の記事を見ました。大事なものを他人任せにした時点で、既に負けているんじゃないのかなと思う次第です。「天は自ら助くる者を助く(Heaven helps those who help themselves.)」という格言もアタマを過ぎりました。


← 前の回  次の回 → ■ 目次

■ 20代から中高年のための小説投稿 & レビューコミュニティ トップページ
アクセス: 274